IDでもっと便利に新規取得

ログイン

明日の日本株の読み筋=底堅い展開か、下がれば買い意欲出るとの見方も

10/27 17:52 配信

モーニングスター

 あす28日の東京株式市場で、主要株価指数は底堅い展開か。欧米で新型コロナウイルスの感染再拡大による経済への影響が懸念され、26日の欧米株式が急落し、27日の日本株売りにつながったが、一巡後は予想以上の切り返しとなり、下値の堅さを再確認した格好だ。市場では、「新型コロナ感染者数は欧米に比べて日本は限定的あり、海外マネーを呼び込みやすい面はあろう」(準大手証券)との声が聞かれた。国内主要企業の4-9月期決算発表や、最大イベントの米大統領選挙(11月3日投開票)を控え、積極的な売買は期待しにくいが、「下がれば買い意欲が出てくるようだ」(前出の準大手証券)との見方は根強く、買いそびれた投資家の資金が待機しているとみられる。

 27日の日経平均株価は小幅続落し、2万3485円(前日比8円安)引け。前日の欧米株の急落を受け、下げ幅は一時260円を超えたが、その後は好業績銘柄を中心とする押し目買いを支えに下げ幅縮小の流れとなり、この日の高値で引けた。取引時間中に25日移動平均線を割り込む場面もあったが、終値では同線に復帰し、粘り強さを発揮した。一部では、「上値は重いが、いずれは高値を更新してくる」(中堅証券)との読みも出ていた。

提供:モーニングスター社

モーニングスター

関連ニュース

最終更新:10/27(火) 17:52

モーニングスター

投資信託ランキング