IDでもっと便利に新規取得

ログイン

〔米株式〕NYダウ、一時600ドル超安=コロナ拡大懸念(26日午前10時55分)

10/27 0:02 配信

時事通信

 【ニューヨーク時事】週明け26日午前のニューヨーク株式相場は、新型コロナウイルスの感染再拡大への懸念が強まる中、大幅続落している。優良株で構成するダウ工業株30種平均の下げ幅は前週末終値比で一時600ドルを超えた。午前10時55分現在は588.29ドル安の2万7747.28ドル。ハイテク株中心のナスダック総合指数は128.14ポイント安の1万1420.14。
 世界保健機関(WHO)の集計によると、1日当たりの世界の新型コロナ新規感染者は22日以降3日連続で過去最多を更新した。米国では23日に1日の感染者としては過去最大を更新したと報じられた。欧州でもイタリアやスペインが規制強化に踏み切っており、世界的な景気減速懸念が投資家心理を冷やしている。
 米与野党とトランプ政権による新型コロナ経済対策協議に合意のめどが立っていないことも相場を下押ししている。野党民主党のペロシ下院議長は法案の早期成立がトランプ氏の選挙戦に有利になることを警戒。大統領選前の合意は困難との見方が広がっている。
 個別銘柄では、アメリカン・エキスプレスが3.8%安、ボーイングが3.6%安、ハネウェル・インターナショナルが2.9%安。ダウ構成銘柄は全面安となっている。(了)

時事通信

関連ニュース

最終更新:10/27(火) 2:28

時事通信

投資信託ランキング