IDでもっと便利に新規取得

ログイン

東京外国為替市場概況・17時 ドル円 伸び悩む

10/26 17:07 配信

トレーダーズ・ウェブ

 26日午後の東京外国為替市場でドル円は伸び悩む。17時時点で104.87円と15時時点(104.89円)と比べて2銭程度のドル安水準だった。ダウ先物が300ドル超安まで下げ幅を拡大し、リスクオフのドル買いが優勢となり、一時先週末の高値104.94円を上抜けし、104.98円まで上昇した。ただ、ポンド円などの下げも重しに伸び悩み、104.80円近辺に押し戻され、21日以来の105円台復帰はお預けとなった。

 ユーロドルは上値が重い。17時時点では1.1833ドルと15時時点(1.1831ドル)と比べて0.0002ドル程度のユーロ高水準だった。全般ドル買いが優勢となる中、一時1.1828ドルまで下押した後、ユーロポンドのユーロ買い・ポンド売りも支えに1.18半ばまで持ち直したが、17時ごろ1.1822ドルまで安値を更新し、上値の重い動きとなっている。

 ユーロ円は小動き。17時時点では124.10円と15時時点(124.10円)とほぼ同水準だった。ドル主導の動きとなり、124.23円を頭に124円前半で小幅の上下にとどまった。

本日これまでの参考レンジ
ドル円:104.66円 - 104.98円
ユーロドル:1.1822ドル - 1.1861ドル
ユーロ円:123.89円 - 124.23円

トレーダーズ・ウェブ

関連ニュース

最終更新:10/26(月) 17:07

トレーダーズ・ウェブ

投資信託ランキング