IDでもっと便利に新規取得

ログイン

還暦60代が安心するためにはいくら貯蓄が必要か

10/24 9:05 配信

LIMO

老後のお金について不安に思われている方も多いと思います。では実際、どの程度のお金が必要になるのでしょうか。この記事では、還暦60代の人が安心できる貯蓄額について解説します。

老後に必要な生活費

令和元年度の生命保険文化センターがおこなった調査によると、夫婦2人で老後生活を送る上で必要な最低日常生活費は、月額で平均22.1万円。また、ゆとりのある老後を送るための費用として、最低日常生活費以外に必要な金額は平均14.0万円となっています。

つまり、ゆとりある老後を過ごしたいと考えるときに必要な金額は、平均36.1万円(22.1+14.0)万円になるのです。

「ゆとりある生活」のための上乗せ額の使途としては、以下のようなものがあります。

 ・旅行やレジャー
 ・趣味や教養
 ・日常生活費の充実
また、平成30年(2018年)の簡易生命表によると、日本人の平均寿命は、男性が81.25歳、女性が87.32歳です。

仮に65歳で退職したあと85歳まで生きるとして、最低日常費を出すと5304万円となります。

また、ゆとりのある生活を送るために必要な金額は以下の通りとなります。

36.1万円×12カ月×20年=8664万円

ゆとりのある老後を送るためには、8664万円のお金が必要になることがわかります。

もっとも、老後のすべての期間を「ゆとりある生活」を送る必要もないですし、そのケースばかりではないので、必ずしもこうした大きな金額が必要という話にはなりませんが、計算上は算出できるというのは知っておいてもよいでしょう。

老後の収入にあてられる年金と退職金

老後の収入には、主に年金と退職金があります。

まず、年金はどの程度受け取れるのでしょうか。平成30年度・厚生年金保険・国民年金事業の概況(厚生労働省年金局)によると、年金の平均受給額(月額)は以下の通りです。

 ・会社員や公務員など(国民年金+厚生年金) 14万3761円
 ・自営業や専業主婦(国民年金のみ) 5万4614円
※ただし、国民年金については、基礎のみ共済なし・旧国年の受給者。

男性を元会社員、女性を専業主婦と仮定した場合の夫婦2人の年金収入は、以下の通りです。

 ・夫婦2人の年金収入(月額)
14万3761円+5万4614円=19万8375円

老後20年間で受け取れる年金額は、以下の金額になります。

19万8375円×12カ月×20年=4761万円

次に、退職金はいくらもらえるのでしょうか。厚生労働省の就労条件総合調査(平成30年)に よると、勤続20年以上かつ45歳以上の退職者の大卒・大学院卒の退職金平均は1983万円です。

そして、年金と退職金を合わせた収入は、以下の通りです。

4761万円+1983万円=6744万円

そして、ゆとりある老後生活を送るためには8664万円が必要でしたので、不足額は以下のようになります。

8664万円-6744万円=1920万円

仮に上記の前提に立てば、1920万円の貯蓄があれば、ゆとりのある老後生活をおくれるという計算になります。

まとめにかえて

ゆとりある老後生活のためには、60代で1920万円、つまり2000万円程度の貯蓄が必要だといえそうです。

ただし、会社や勤務形態によって年金や退職金の金額は異なります。定年まで同じ会社に勤めていた場合と、転職を繰り返していた場合では、年金や退職金の額にも大きな差がでるのです。

また、貯蓄が十分でない場合は、定年退職後も仕事や資産運用を続けていく必要があります。

今回は一般的な会社員の「ゆとりある生活」を仮定したシミュレーションであり、年金や退職金は人それぞれ異なりますので、不安のある方はFPなどの専門家に相談することをおすすめします。

 参考資料

 ・生命保険文化センター「老後の生活費はいくらくらい必要と考える?」
 ・厚生労働省「平成 30 年簡易生命表」
 ・厚生労働省年金局「平成30年度厚生年金保険・国民年金事業の概況」
 ・厚生労働省「平成30年就労条件総合調査 結果の概況」

LIMO

関連ニュース

最終更新:10/24(土) 9:05

LIMO

投資信託ランキング