IDでもっと便利に新規取得

ログイン

今晩のNY株の読み筋=米追加経済対策を巡る与野党協議の合意可否が焦点

10/23 17:22 配信

モーニングスター

 23日の米国株式市場は、米追加経済対策協議の合意を探る動きに注目が集まりそうだ。

 22日はペロシ下院議長が「合意はすぐそこ」とまで言及したものの、連日と同様に先送りされた。目前に米大統領候補者のテレビ討論会が控えていたこともあり、合意先送りは織り込まれていた面もあるが、討論会は双方の非難合戦に終始し通過した。11月3日の大統領選までの残りの日数、与野党がどう合意するか、あるいは大統領選後に合意を先送りするかを見極めるきょうが初日となる。合意となれば、目先の不透明感後退でリスクオン・株高で反応するとみられる。ただ、合意先送りなら、不透明感継続でリスクオフ。来週に米7-9月期GDP(国内総生産)・速報値の発表を控えていることもあり、目先は手じまい売りに動く可能性もありそうだ。

<主な米経済指標・イベント>
10月製造業PMI(購買担当者景気指数)・速報値
アメリカン・エキスプレスなどが決算発表予定

(日付は現地時間)

◎投資関連情報は投資の参考として情報提供のみを目的としたものであり、株式の売買は自己責任に基づき、ご自身で判断をお願いします。

提供:モーニングスター社

モーニングスター

関連ニュース

最終更新:10/23(金) 17:22

モーニングスター

投資信託ランキング