IDでもっと便利に新規取得

ログイン

東京外国為替市場概況・10時 ユーロドル、軟調

10/23 10:04 配信

トレーダーズ・ウェブ

 23日の東京外国為替市場でユーロドルは軟調。10時時点では1.1800ドルとニューヨーク市場の終値(1.1818ドル)と比べて0.0018ドル程度のユーロ安水準だった。米大統領候補のテレビ討論会を前に持ち高調整目的の売りが先行した。時間外のダウ先物がマイナス圏に沈んだことを受けてリスク回避の売りも進み、昨日安値の1.1812ドルや節目の1.1800ドルを下抜けて、ストップロスの売り注文を誘発。一時1.1787ドルまで下押しした。

 ドル円は上値が重い。10時時点では104.73円とニューヨーク市場の終値(104.86円)と比べて13銭程度のドル安水準だった。9時前に104.94円まで上昇する場面があったものの、節目の105.00円手前で上値の重さを確認すると、その後は戻り売りに押される展開。市場では「国内輸出企業からの売りが散見された」との指摘もあり、104.70円まで上値を切り下げた。

 ユーロ円は売り優勢。10時時点では123.59円とニューヨーク市場の終値(123.94円)と比べて35銭程度のユーロ安水準だった。ドル円やユーロドルの下落につれた円買い・ユーロ売りが進み、一時123.41円まで値を下げた。

本日これまでの参考レンジ
ドル円:104.70円 - 104.94円
ユーロドル:1.1787ドル - 1.1824ドル
ユーロ円:123.41円 - 124.02円

トレーダーズ・ウェブ

関連ニュース

最終更新:10/23(金) 10:04

トレーダーズ・ウェブ

投資信託ランキング