IDでもっと便利に新規取得

ログイン

バイオ関連株が全面安症状、一部追い証発生でマザーズ指数急落に反映◇

10/22 13:26 配信

みんなの株式

 バイオ関連株が全面安の展開となっている。アンジェス <4563> が下げ止まらず半年ぶりとなる4ケタ大台を一時割り込んだほか、ジーエヌアイグループ <2160> が連続ストップ安を交え連日の大幅安となり、「この2銘柄については一部追い証が発生している状況で、個人投資家の投げ売りを誘っている。他のバイオベンチャーも直近手掛かり材料をリリースしたテラ <2191> が反発できずに一段安に売り込まれるなど、資金が急速に引いている状況にある。これはバイオ関連株が集中するマザーズ指数の急落にも反映されている」(国内ネット証券大手)という。マザーズ指数は3月下旬以降一貫して上昇トレンドを形成し、今月14日には終値ベースで1365まで買われ、14年2カ月ぶりの高値圏に浮上した矢先だったが、目先崩れ足となり25日移動平均線を巡る攻防と状況が一変した。

(注)タイトル末尾の「◇」は本文中に複数の銘柄を含む記事を表しています。

出所:MINKABU PRESS

みんなの株式(minkabu PRESS)

みんなの株式

関連ニュース

最終更新:10/22(木) 13:26

みんなの株式

投資信託ランキング