IDでもっと便利に新規取得

ログイン

14時の日経平均は169円安の2万3470円、中外薬が15.82円押し下げ

10/22 14:01 配信

株探ニュース

 22日14時現在の日経平均株価は前日比169.41円(-0.72%)安の2万3470.05円で推移。東証1部の値上がり銘柄数は387、値下がりは1726、変わらずは63と、値下がり銘柄数が値上がり銘柄数を大幅に上回っている。

 日経平均マイナス寄与度は15.82円の押し下げで中外薬 <4519>がトップ。以下、テルモ <4543>が9.76円、ダイキン <6367>が9.69円、リクルート <6098>が9.36円、エムスリー <2413>が7.75円と続いている。

 プラス寄与度トップはファストリ <9983>で、日経平均を6.10円押し上げている。次いでSBG <9984>が5.38円、TDK <6762>が1.44円、東エレク <8035>が1.08円、安川電 <6506>が1.08円と続く。

 業種別では33業種中30業種が下落し、上昇は非鉄金属、パルプ・紙、ゴム製品の3業種にとどまっている。値下がり1位は空運で、以下、医薬品、小売、電気・ガス、鉱業、サービスと並ぶ。

 ※14時0分12秒時点

株探ニュース(minkabu PRESS)

株探ニュース

関連ニュース

最終更新:10/22(木) 14:01

株探ニュース

投資信託ランキング