IDでもっと便利に新規取得

ログイン

花王、枯草菌によるタンパク質生産技術の感染症対策への応用のための研究を開始

10/21 16:28 配信

モーニングスター

現在値
花王7,901+93

 花王 <4452> は21日、同社の生物科学研究所が、枯草菌によるタンパク質生産技術の感染症対策への応用のための研究を開始したと発表した。

 同社はは長年にわたり、酵素などのタンパク質の枯草菌による生産技術を開発している。今回はその技術を、抗体など感染症対策に役立つタンパク質の生産に応用するという。具体的には、新型コロナウイルス中和能を持つVHH抗体や、「顧みられない熱帯病」のひとつである土壌伝播寄生虫症(STH)の治療薬への応用が期待されている、タンパク質の大量生産技術を開発するとしている。

 21日の終値は、前日比6円高の7760円。

提供:モーニングスター社

モーニングスター

関連ニュース

最終更新:10/21(水) 16:28

モーニングスター

投資信託ランキング