IDでもっと便利に新規取得

ログイン

東京外国為替市場概況・12時 ドル円、買い一服

10/20 12:05 配信

トレーダーズ・ウェブ

 20日の東京外国為替市場でドル円は買いが一服。12時時点では105.52円とニューヨーク市場の終値(105.43円)と比べて9銭程度のドル高水準だった。市場では「仲値後に本邦輸出勢からの売りが観測された」との指摘もあったほか、時間外のダウ先物が上昇幅を縮小した影響もあり、一時105.51円付近まで伸び悩んだ。
 
 ユーロドルは小動き。12時時点では1.1769ドルとニューヨーク市場の終値(1.1769ドル)とほぼ同水準だった。1.1770ドル前後で動意を欠いた。
 なお、豪ドル米ドルはさえない。豪準備銀行(RBA)の追加緩和観測を手掛かりにした売りの流れが続いており、一時0.7038米ドルまで下押しした。

 ユーロ円は12時時点では124.18円とニューヨーク市場の終値(124.10円)と比べて8銭程度のユーロ高水準だった。10時前に124.34円と昨日高値に面合わせしたものの、同水準を上抜けられず、その後は124.10円台まで押し戻された。

本日これまでの参考レンジ
ドル円:105.35円 - 105.62円
ユーロドル:1.1764ドル - 1.1776ドル
ユーロ円:124.03円 - 124.34円

トレーダーズ・ウェブ

関連ニュース

最終更新:10/20(火) 12:05

トレーダーズ・ウェブ

投資信託ランキング