IDでもっと便利に新規取得

ログイン

〔米株式〕NYダウ、小幅続伸=経済対策期待が支え(1日)☆差替

10/2 5:51 配信

時事通信

 【ニューヨーク時事】1日のニューヨーク株式相場は、米追加経済対策をめぐる与野党協議の進展への期待が支えとなり、小幅続伸した。優良株で構成するダウ工業株30種平均は前日終値比35.20ドル高の2万7816.90ドルで終了した。ハイテク株中心のナスダック総合指数は159.00ポイント高の1万1326.51で終わった。
 ニューヨーク証券取引所の出来高は前日比4億1864万株減の9億0325万株(暫定値)。
 ダウ平均は、新型コロナウイルス感染拡大に対応する追加経済対策をめぐる与野党協議進展への期待から、上昇して取引が始まった。ただ、午後に入り、ムニューシン米財務長官と民主党のペロシ下院議長の電話協議がまとまらず、「主要論点で距離がある」と伝わると、マイナス圏に沈む場面もあった。
 米商務省が朝方発表した個人消費支出は前月比1.0%増にとどまり、前月から伸びが鈍化した。米サプライ管理協会(ISM)が発表した9月の米製造業購買担当者景況指数(PMI)は市場予想を下回った。景気回復ペースの鈍化への懸念が強まり、上値を抑えた。
 追加対策で政府支援が期待される航空株は上昇。アメリカン航空グループが2.4%高、ユナイテッド航空が1.2%高、デルタ航空が1.7%高だった。ボーイングの1.6%高も目立った。シティグループが0.8%高など、金融株も買われた。
 一方で、新型コロナの影響を受けにくいとされるIT企業などハイテク株は買われた。フェイスブックが1.8%高、ツイッターが4.9%高、アップルが0.9%高、マイクロソフトも1.0%高だった。
 7~9月の業績悪化が懸念されたエクソンモービルが3.5%安。一方、売上高増加が伝わったベッド・バス・アンド・ビヨンドは25.1%の大幅高だった。(了)

時事通信

関連ニュース

最終更新:10/2(金) 8:28

時事通信

投資信託ランキング