IDでもっと便利に新規取得

ログイン

〔米株式〕NYダウ、もみ合い=ナスダックは続伸(1日午前)

10/1 23:46 配信

時事通信

 【ニューヨーク時事】1日午前のニューヨーク株式相場は、米追加経済対策をめぐる与野党協議の行方に注目が集まる中、もみ合いとなっている。優良株で構成するダウ工業株30種平均は午前10時10分現在、前日終値比15.37ドル高の2万7797.07ドル。ハイテク株中心のナスダック総合指数は94.08ポイント高の1万1261.59。
 トランプ政権が200億ドルの航空業界支援を含む、総額1兆5000億ドル規模の新型コロナウイルス経済対策案を下院民主党に提案したと伝わった。与野党合意への期待が支えとなり、米株は買いが優勢で始まった。ただ、その後、米サプライ管理協会(ISM)が発表した9月の米製造業購買担当者景況指数(PMI)は55.4と前月から低下し、市場予想も下回ったことから、ダウは上げ幅を削っている。
 米労働省が朝方に発表した最新週の新規失業保険申請件数(季節調整済み)は、前週比3万6000件減の83万7000件と、市場予想(ロイター通信調べ)の85万件も下回った。東証がシステム障害で1日の取引が停止となったことは米メディアでも報じられたが、材料視する動きは特にない。
 個別銘柄では、ボーイングが1.9%高、アメリカン航空グループは1.6%高、デルタ航空が0.5%高で推移。半面、シェブロンやトラベラーズは下落している。(了)

時事通信

関連ニュース

最終更新:10/2(金) 2:28

時事通信

投資信託ランキング