IDでもっと便利に新規取得

ログイン

米外為市場サマリー:米経済指標の改善を受け一時105円70銭まで強含む

9/30 8:17 配信

みんなの株式

 29日のニューヨーク外国為替市場のドル円相場は、1ドル=105円66銭前後と前日に比べ10銭強のドル高・円安。ユーロは、1ユーロ=124円08銭前後と同1円00銭程度のユーロ高・円安だった。
 
 米経済指標の改善を受けて米景気懸念がやや和らぎ、ドル買いが優勢だった。米調査会社コンファレンス・ボードが発表した9月の消費者信頼感指数は101.8と市場予想の90.0を上回ったほか、S&Pダウ・ジョーンズ・インディシーズが発表した7月の全米住宅価格指数は前年同月に比べ4.8%上昇したことを好感。ドル円相場は105円70銭まで強含む場面があった。ただ、米大統領選に向けたテレビ討論会を夜に控えていることから模様眺めムードが広がりやすく、ドルの上値は限定的だった。一方、この日に公表された9月のユーロ圏景況感指数が91.1と市場予想の89.5を上回ったことなどを手掛かりに、ユーロが対ドルや対円で買われた。

 ユーロは対ドルで1ユーロ=1.1744ドル前後と前日に比べ0.0080ドル弱のユーロ高・ドル安だった。


出所:MINKABU PRESS

みんなの株式(minkabu PRESS)

みんなの株式

関連ニュース

最終更新:9/30(水) 8:17

みんなの株式

投資信託ランキング