IDでもっと便利に新規取得

ログイン

日経平均29円安と4日ぶり小反落、売り一巡後は下げ渋る、米大統領候補の討論会にらみ底堅い=30日前場

9/30 11:53 配信

モーニングスター

現在値
三菱UFJ419.4-4
三井住友F2,950.5-30
りそなHD351-4.40
出光興産2,165-15
ENEOS364-1.80

 30日前場の日経平均株価は前日比29円33銭安の2万3509円77銭と4営業日ぶりに小反落。朝方は、29日の米国株安を受け、売りが先行した。いったん持ち直したが、再び軟化し、一時2万3437円05銭(前日比102円05銭安)まで下落した。その後は、再び下げ渋りの動きとなった。米大統領候補による第1回テレビ討論会(日本時間30日午前10時-11時30分)をにらみ、前引けにかけて底堅く推移した。

 東証1部の出来高は5億1496万株、売買代金は1兆784億円。騰落銘柄数は値上がり601銘柄、値下がり1497銘柄、変わらず78銘柄。

 市場からは「米大統領候補の討論会による影響はないようだ。国内勢の買い戻しで着実に下値を切り上げてきたが、買いに持続性があるかは疑問だ。4-6月期に比べた7-9月期の業績回復は織り込んでおり、9月中間期決算をきっかけに調整入りする可能性もある」(準大手証券)との声が聞かれた。

 業種別では、三菱UFJ <8306> 、三井住友 <8316> 、りそなHD <8308> などの銀行株が軟調。出光興産 <5019> 、ENEOS <5020> などの石油石炭製品株や、ブリヂス <5108> 、浜ゴム <5101> などのゴム製品株も安い。国際帝石 <1605> 、石油資源 <1662> などの鉱業株も値を下げた。T&DHD <8795> 、第一生命HD <8750> などの保険株や、野村 <8604> 、大和証G <8601> などの証券商品先物株も売られた。

 半面、NTTドコモ <9437> (監理)連騰し、ソフバンG <9984> などの情報通信株が堅調。オリンパス <7733> 、ニコン <7731> などの精密株も買われた。王子HD <3861> 、大王紙 <3880> などのパルプ紙株も値を上げ、中国電力 <9504> 、九州電力 <9508> などの電気ガス株も引き締まった。

 個別では、チェンジ <3962> 、ケーヨー <8168> 、Wスコープ <6619> 、グッドコムA <3475> 、エイトレッド <3969> などの下げが目立った。半面、Jフロント <3086> 、グリー <3632> 、タカキュー <8166> 、レオパレス <8848> 、ピックルス <2925> などの上げが目立った。なお、東証業種別株価指数は全33業種中、28業種が下落した。

提供:モーニングスター社

モーニングスター

関連ニュース

最終更新:9/30(水) 11:53

モーニングスター

投資信託ランキング