IDでもっと便利に新規取得

ログイン

金融庁、信託2行に報告徴求命令 1346社の議決権集計に誤り=報道

9/30 12:20 配信

ロイター

[東京 30日 ロイター] - 金融庁は30日までに、株主総会の議決権行使書を不適切に集計していた問題を巡って、三井住友信託銀行とみずほ信託銀行に対し報告徴求命令を出した。日本経済新聞などが報じた。

直近の株主総会で集計に誤りがあった企業は計1346社に上る。両行は、議案の成否に影響を及ぼす事案はないとしている。

三井住友信託は、総会の繁忙期は集計の時間を確保するため、郵便物を通常より1日早く届けてもらう取り決めを結んでいたが、配達記録は実際に届けられた日の翌日となる「先付け処理」を行っていたという。このため、締め切り日当日に届いていたものは集計から除外されていた。みずほ信託も同様の集計方法を行っていた。

(新田裕貴)

ロイター

関連ニュース

最終更新:9/30(水) 12:20

ロイター

投資信託ランキング