IDでもっと便利に新規取得

ログイン

〔ロンドン株式〕3日ぶり下落(29日)

9/30 1:20 配信

時事通信

 【ロンドン時事】29日のロンドン株式相場は、米大統領選の討論会を控えた様子見の中を3営業日ぶりに下落した。FT100種平均株価指数は30.43ポイント(0.51%)安の5897.50で終了。指数構成銘柄の約6割が値下がりした。
 FT指数は序盤で5862.93まで下落。その後はジリジリと買い戻しが入り、一時5900台を回復した。英CMCマーケッツのデービッド・マッデン氏は「センチメントに影響を与える大きなニュースがなく、利食い売りが若干出たと思われる」と話した。
 個別銘柄では、英航空機エンジン製造大手ロールス・ロイスが5.9%安。不動産大手ブリティッシュ・ランドは4.2%安、欧州航空大手インターナショナル・エアラインズ・グループ(IAG)は3.6%安、英金融大手HSBCホールディングスは3.3%安。
 英商業用不動産大手ランド・セキュリティーズは3.1%安。外食・ホテル大手ウィットブレッドと英小売大手セインズベリーは各3.0%安。英銀大手スタンダード・チャータードは2.8%安。
 英通信大手BT、英物流施設大手セグロ、英金融大手ナットウエスト・グループ(旧ロイヤル・バンク・オブ・スコットランド)、英自動車保険大手アドミラル・グループ、スイス飲料大手コカ・コーラ・ヘレニック・ボトリング・カンパニー、英たばこ大手ブリティッシュ・アメリカン・タバコ、英保険大手アビバはいずれも2.4%安だった。
 一方、配管・暖房流通大手ファーガソン(旧ウルズリー)は6.0%高。英小売大手B&Mヨーロピアン・バリュー・リテールと賭け屋大手GVCホールディングスはそれぞれ4.0%高。英送電大手ナショナル・グリッドは3.9%高、アイルランド段ボール大手スマーフィット・カッパは3.6%高か、包装資材大手モンディは3.5%高と好調だった。(了)

時事通信

関連ニュース

最終更新:9/30(水) 2:28

時事通信

投資信託ランキング