IDでもっと便利に新規取得

ログイン

アジア株は軒並み上昇 上海株は0.7%高、世銀が今年の成長見通し上方修正 

9/29 11:30 配信

みんかぶFX

アジア株は軒並み上昇 上海株は0.7%高、世銀が今年の成長見通し上方修正 

東京時間11:14現在
香港ハンセン指数   23524.25(+48.20 +0.21%)
中国上海総合指数  3242.00(+24.02 +0.75%)
台湾加権指数     12485.31(+22.55 +0.18%)
韓国総合株価指数  2327.06(+18.98 +0.82%)
豪ASX200指数    5961.70(+9.38 +0.16%)

アジア株は軒並み上昇、米株高を好感して買い優勢で始まった。米追加経済対策の合意期待から前日の米株価指数は大幅高となった。米株は時間外でも上昇、11時時点でダウ先物は70ドル高。28日、ペロシ米下院議長はムニューシン米財務長官と協議し、依然として話し合いは必要なものの合意は可能だと述べた。米下院議長と米財務長官の協議は29日日本時間早朝にも行われ、両者は翌日午前に協議再開することで合意した。協議は難航しているものの、お互いに歩み寄りを見せており、市場では楽観ムードが広がっている。

上海株は上げ幅を拡大。世銀が28日、今年の東アジア新興国の成長率見通し最新版を公表した。中国の20年の成長率見通しを従来の+1.9%から+2.0%に上方修正した。21年の成長率見通しは+7.9%に据え置いた。

韓国株は0.82%高、幅広い銘柄が上昇している。韓国で29日、新型コロナ新規感染者38人が確認された、49日ぶりの低水準となったことが材料視されているもよう。

豪州市場では食品や飲料など生活必需品関連が総じて下落。乳業大手のa2ミルクは4.0%安と大幅続落、きのう11%超下げたにも関わらず、買い戻しの動きは見られない。クレディスイスとマッコーリーが目標株価を引き下げ、BellPotterは投資判断を引き下げた。a2ミルクは、豪ビクトリア州での長引くロックダウンにより、中国の消費者向け代購業者による売上が予想以上に落ち込んでおり、豪州とNZでの売上高は今年上期に予想を大きく下回る見通しだと明らかにした。

みんかぶFX

関連ニュース

最終更新:9/29(火) 11:30

みんかぶFX

投資信託ランキング