IDでもっと便利に新規取得

ログイン

KDDI、ソフトバンクいずれも新安値、ドコモTOBで携帯料金引き下げに現実味◇

9/29 10:17 配信

みんなの株式

 KDDI <9433> が反落し年初来安値を更新、ソフトバンク <9434> も4日続落でこちらは上場来安値更新となった。両銘柄とも配当権利落ちに伴う下げが反映されているが、権利落ち分を超える下げになっている。これについて市場では「NTTドコモ <9437> に対するTOBの動きが明らかとなるなか同社株は人気となっているが、この背景には菅首相が打ち出す携帯料金の引き下げ圧力があり、これに対応した動きというのがメインテーマとみられている。機動的な値下げを行うための下準備といえ、通信メガキャリア3社にとって基本的に収益環境に逆風となる」(国内ネット証券アナリスト)という見方が示されており、軟調な株価に反映されている。

(注)タイトル末尾の「◇」は本文中に複数の銘柄を含む記事を表しています。

出所:MINKABU PRESS

みんなの株式(minkabu PRESS)

みんなの株式

関連ニュース

最終更新:9/29(火) 10:17

みんなの株式

投資信託ランキング