IDでもっと便利に新規取得

ログイン

〔東京外為〕ドル、105円台半ば=イベント前に方向感なく(29日午前9時)

9/29 9:22 配信

時事通信

 29日朝の東京外国為替市場のドルの対円相場(気配値)は、日本時間30日に予定される米大統領選候補者のテレビ討論会などを前に手掛かり材料に欠け、1ドル=105円台半ばで方向感なく推移している。午前9時現在、105円44~44銭と前日(午後5時、105円33~36銭)比11銭のドル高・円安。
 前日の海外市場では、欧州時間の日本の仲値に当たる午前0時ごろにドルが買われ、一時105円60銭台まで上伸した。ただ買い一巡後は上昇一服となり、米国時間は105円40~50銭台でもみ合った。この流れを受けて、東京時間早朝もほぼ同水準で推移している。
 米大統領選テレビ討論会について「動向を見極めたい」(FX会社)との思惑が強く、動意に欠けた展開が続くと予想する向きが多い。市場参加者からは、「(実質的な)日経平均株価の堅調が見込まれ、ドル円は当面105円台で底堅いのではないか」(証券会社)との指摘が聞かれた。
 ユーロは前日に比べ対円、対ドルで強含み。午前9時現在、1ユーロ=123円12~13銭(前日午後5時、122円48~54銭)、対ドルでは1.1676~1676ドル(同1.1627~1631ドル)。(了)

時事通信

関連ニュース

最終更新:9/29(火) 11:28

時事通信

投資信託ランキング