IDでもっと便利に新規取得

ログイン

米ユナイテッド航空、操縦士2850人の雇用維持で合意

9/29 10:04 配信

ロイター

[シカゴ 28日 ロイター] - ユナイテッド航空<UAL.O>のパイロット組合は28日、約2850人の雇用を維持する協定に同意した。一方、他の航空各社は、9月30日に期限を迎える政府支援の延長を改めて要望している。

ユナイテッド航空幹部によると、同社はすでに、パイロットを除く最前線の従業員1万2000人の一時帰休に向けた措置を進めている。

合意により、同社は全拠点で定期便の本数を大幅に削減。雇用を維持する一方、コストのかかる飛行訓練を縮小する。

航空各社はかねてから、需要が回復した際に対応できる熟練した従業員の雇用を維持するには、政府支援が不可欠だと主張している。

アメリカン航空<AAL.O>は、新たな支援策を強く求める一方、10月1日に1万9000人を一時帰休させる方向で調整中。ただ、パーカー最高経営責任者(CEO)は27日、政府支援策の失効前に新たな支援策が議会を通過することを「確信している」と述べている。

ロイター

関連ニュース

最終更新:9/29(火) 10:04

ロイター

投資信託ランキング