IDでもっと便利に新規取得

ログイン

東京為替:ドル・円は弱含み、ドル買い後退で下落

9/28 17:03 配信

フィスコ

28日の東京市場でドル・円は弱含み。早朝の取引で105円69銭を付けた後、本邦輸出企業のドル売りが先行。日経平均株価の上げ幅拡大でリスク選好的な円売りにドルは支えられたが、株高を背景にリスクオフの買いが後退し午後には105円27銭まで値を下げた。

・ユーロ・円は122円89銭から122円38銭まで下落した。
・ユーロ・ドルは1.1615ドルから1.1640ドルまで値を上げた。

・17時時点:ドル・円105円30-40銭、ユーロ・円122円50-60銭
・日経平均株価:始値23,391.96円、高値23,516.04円、安値23,303.03円、終値23,511.62円(前日比307.00円高)

【要人発言】
・西村経済再生相
「時期を逸することなく経済・財政政策に万全を期すよう指示されている」

【経済指標】
・特になし


《TY》

フィスコ

最終更新:9/28(月) 17:03

フィスコ

投資信託ランキング