IDでもっと便利に新規取得

ログイン

来週(9/28~10/2)の日経平均株価の予想レンジは2万3000~2万3500円! 優待や配当狙いの「買い」は増えるが、米大統領選までは上値を追いづらい展開に

9/27 20:05 配信

ダイヤモンド・ザイ

●今週の日経平均株価は、連休中の米国市場の波乱の影響が
警戒されたものの、2万3000円の底堅さが意識された展開に
 今週(9月23日~25日)の日経平均株価は、底堅い相場展開となりました。

 日本の4連休中における米国市場でのハイテク株の下落や、欧州での新型コロナウイルスの新規感染者数の増加などの悪影響が警戒されましたが、いざ市場が開いてみると日経平均株価は2万3000円での底堅さが強く意識される値動きでした。

■日経平均株価チャート/日足・3カ月
 連休明けの9月23日には菅首相と日本銀行の黒田総裁との会談が行われ、政府と日銀が連携して政策運営することで一致したと報じられたことで、菅新政権に対する期待感が投資家を押し目買いに向かわせたようです。

 また、マザーズを中心とした中小型株市場では、多くのIPO株が新規上場したことで個人主体の物色が活発となり、良好な需給状況となりました。

●来週の日経平均株価は、菅政権への期待で押し目買い意欲は強いが、
米大統領選が終わるまでは積極的に上値は追いづらい展開に! 
【来週の日経平均株価の想定レンジ】
 2万3000円 ~ 2万3500円
 
 来週(9月28日~10月2日)の日経平均株価は、大きな値動きがなく、今週に引き続き2万3000円での底堅さを確認する展開になりそうです。

週明けの9月28日は9月期決算企業の“権利付き最終日”となるため、配当狙いや優待狙いの物色が増えると思われます。

 また、足元では値動きの少ない膠着した相場展開が続いていますが、菅新政権への期待感から押し目買い意欲は強いと思われます。そのため、売り越し基調が続いている海外勢による日本株比率の見直しが意識されやすく、日経平均株価への下落圧力は高まりづらいでしょう。

 新型コロナウイルス感染症についても、日本は先進国に比べて相対的に抑え込みに成功していると見られるので、海外勢のリスク回避的な資金流入が期待できます。

 一方で、米国のハイテク株の不安定な値動きが続く可能性や、米国の大統領選の不透明さが不安要因となります。大統領選が約1カ月後に近づき、来週には大統領選候補のテレビ討論会も行われるため、各候補の支持率の変化などに市場が大きく影響される可能性があり、市場関係者は神経質になりやすいでしょう。そのため日経平均株価も、前述のように底堅さが意識される一方で、大統領選が通過するまでは積極的に上値を追いづらい状況になりそうです。
【※関連記事はこちら! 】
⇒米・大統領選挙が日本株の株価に与える影響を検証! “トランプ勝利”なら日経平均株価は2万6000円まで上昇期待、“バイデン勝利”でも日本株は中長期では上昇

●【今週の値上がり率・値下がり率・出来高ランキング】
東邦金属が+196.08%で値上がり率トップ! 
 ここからは、今週、値動きが目立った個別銘柄を見ていきましょう。

 今週の値上がり率ランキング1位は東邦金属(5781)で、金属を強固に接合する新技術を開発したと伝わったことが材料視されました。送電設備や電気自動車など、多方面での需要が期待できると評価されたことで買いが集中し、ストップ高を交えての上昇が続きました。

 値上がり率2位の鈴与シンワート(9360)は、在宅勤務でも押印が可能な印鑑Bot「Biz-Oin」を発表したことが材料視されました。「行政のデジタル化」などの流れを踏まえた政策関連銘柄としても位置付けられ、ストップ高を交えての上昇となりました。
【※関連記事はこちら! 】
⇒「行政のデジタル化」関連銘柄は、新政権でも推進必至の“国策テ―マ株”!  大阪府と事業連携協定を結んだ「サイボウズ」など電子政府化が追い風の5銘柄に注目

 値上がり率3位は日本ラッド(4736)でした。電子署名・電子契約などを手掛けていることから、2位の鈴与シンワートと同様に「行政のデジタル化」に関わる政策関連銘柄として位置付けられ、個人主体の売買が活発化しました。

 また、1週間を通じて、金融システム関連の銘柄へは政策期待の高まりによる物色が目立ちました。

 一方、値下がり率ランキングの1位は、先週に引き続き2週連続でNuts(7612)となりました。先週、東京地裁から破産手続きの開始決定を受けたと発表しており、処分売りは一巡したと見られますが、1ケタ台での株価となったことで超短期筋の「1カイ2ヤリ(1円で買って2円で売るというような超短期の取引手法)」といった値幅取りの売買が活発化しました。

 値下がり率2位のテラ(2191)は、新型コロナウイルスの治療薬がメキシコ・イダルゴ州で承認されたとの発表について、「情報が虚偽」との疑念が高まったことが嫌気され、処分売りが強まりました。

 ■今週の値上がり率 トップ5

 順位
 先週末比(%)
 銘柄名(市場・コード)※クリックで最新株価・チャートへ
 1
 +196.08
 東邦金属(東2・5781)
 2
 +86.96
 鈴与シンワート(東2・9360)
 3
 +44.66
 日本ラッド(JQ・4736)
 4
 +34.20
 アクアライン(マザ・6173)
 5
 +33.49
 ピースリー(マザ・6696)

 ■今週の値下がり率 ワースト5

 順位
 先週末比(%)
 銘柄名(市場・コード)※クリックで最新株価・チャートへ
 1
 -25.00
 Nuts(JQ・7612)
 2
 -23.69
 テラ(JQ・2191)
 3
 -23.51
 北日本紡績(東2・3409)
 4
 -21.81
 ポート(マザ・7047)
 5
 -19.02
 アズ企画設計(JQ・3490)

 ■今週の出来高 トップ5

 順位
 出来高(株)
 銘柄名(市場・コード)※クリックで最新株価・チャートへ
 1
 306,974,600
 ソフトバンク(東1・9434)
 2
 239,715,400
 みずほフィナンシャルグループ(東1・8411)
 3
 160,803,600
 三菱UFJフィナンシャル・グループ(東1・8306)
 4
 156,118,300
 オンコセラピー・サイエンス(東1・4564)
 5
 147,429,000
 音通(東2・7647)

●【来週の主要イベント】
「米大統領選候補によるテレビ討論」や「中国のPMI」、
「米国の雇用統計」に注目! 
 <9月28日(月)>
◆7月景気先行指数/一致指数改定値
◆決算発表:しまむら(8227)
◆9月末権利付き最終日
◆南ア8月卸売物価指数(PPI)
◆ラガルド欧州中央銀行(ECB)総裁発言

<9月29日(火)>
◆9月東京都区部消費者物価指数(CPI)
◆決算発表:スギホールディングス(7649)
◆英8月消費者信用残高
◆独9月消費者物価指数(CPI)速報値
◆加8月鉱工業製品価格
◆米7月ケース・シラー米住宅価格指数
◆米9月消費者信頼感指数(コンファレンス・ボード)
◆米大統領選候補によるテレビ討論会

<9月30日(水)>
◆8月小売業販売額
◆8月鉱工業生産速報値
◆8月新設住宅着工戸数
◆決算発表:パイプドHD(3919)、西松屋チェーン(7545)
◆中9月製造業購買担当者景気指数(PMI)
◆中9月Caixin製造業購買担当者景気指数(PMI)
◆英4-6月期四半期国内総生産(GDP)改定値
◆独9月失業率
◆南ア8月消費者物価指数(CPI)
◆南ア8月貿易収支
◆米 MBA住宅ローン申請指数
◆米9月ADP雇用統計
◆米 MBA住宅ローン申請指数
◆米4-6月期四半期実質国内総生産(GDP)確定値
◆米9月シカゴ購買部協会景気指数

 <10月1日(木)>
◆7-9月期日銀短観
◆決算発表:象印マホービン(7965)
◆独9月製造業購買担当者景気指数(PMI)改定値
◆欧9月製造業購買担当者景気指数(PMI)改定値
◆欧8月卸売物価指数(PPI)
◆米9月チャレンジャー人員削減数
◆米8月個人所得
◆米9月製造業購買担当者景気指数(PMI)改定値
◆米9月ISM製造業景況指数

<10月2日(金)>
◆8月失業率
◆決算発表:ニトリホールディングス(9843)
◆米9月雇用統計
◆米9月ミシガン大学消費者態度指数
◆米8月製造業新規受注

●【来週の注目銘柄】
「M&Aキャピタルパートナーズ」「チエル」
「ハーモニック・ドライブ・システムズ」の3銘柄をピックアップ! 
 来週、注目したい銘柄は、この3つです。

 M&Aキャピタルパートナーズ(2020年9月25日時点)

 業種
 市場・コード
 株価
 予想PER
 実績PBR
 サービス業
 東1・6080
 4515円
 34.7倍
 7.27倍
事業承継問題の増加などからM&A需要が高まる
中堅・中小企業のオーナー経営者のM&Aをサポートしています。新型コロナウイルス感染症の拡大によって生活スタイルが大きく変化して企業の事業構造改革が進んだことや、事業承継問題の増加などから、M&A需要の伸びが注目されています。株価は、9月25日に前日比+9.45%と急伸しており、1月14日の高値4840円が射程に入ってきました。

 チエル(2020年9月25日時点)

 業種
 市場・コード
 株価
 予想PER
 実績PBR
 情報・通信
 JQ・3933
 4255円
 82.2倍
 10.30倍
菅新政権になり、学校教育のICT化が急速に進む見通し
新型コロナウイルス感染症の拡大によって学校教育のICT化が急速に進んでおり、学校向けのシステムや周辺機器、デジタル教材の開発を手掛けるチエルへの成長期待は大きいでしょう。菅新政権になってデジタル化の加速がより意識されているため、関連銘柄への見直しが強まっています。株価は、6月17日につけた高値5440円をピークに下落していましたが、最近になってリバウンド基調が強まっています。

 ハーモニック・ドライブ・システムズ(2020年9月25日時点)

 業種
 市場・コード
 株価
 予想PER
 実績PBR
 JQ
 東1・6324
 6390円
 292.8倍
 6.22倍
製造業の設備投資計画が足元で回復傾向に! 
ロボットや各種製造装置、工作機械などの生産財に組み込まれるトータル・モーション・コントロールを手掛けています。新型コロナウイルスの影響により世界的に製造業の設備投資計画が見送られた影響を受けていますが、最近になって中国などは回復傾向にあることから、経済活動再開後の回復を見込んだ形で株価を見直す流れが強まることが期待できます。

【※今週のピックアップ記事! 】
⇒「少子化対策」関連銘柄は、菅首相が注力する“国策テーマ株”!  保険適用拡大が見込める「不妊治療」関連株、「出生率増加」で恩恵を受ける株など、注目6銘柄を紹介

 ⇒株主優待が人気で、アナリストが太鼓判を押す2銘柄!  増収増益予想のオンライン英会話「レアジョブ」、業績を上方修正した医薬品「大塚ホールディングス」に注目

ダイヤモンド・ザイ

関連ニュース

最終更新:10/2(金) 18:35

ダイヤモンド・ザイ

投資信託ランキング