IDでもっと便利に新規取得

ログイン

〔ロンドン外為〕円、105円台後半(25日)

9/26 0:28 配信

時事通信

 【ロンドン時事】週末25日のロンドン外国為替市場の円相場は、オプション取引に関連した円売りが入り、1ドル=105円台後半に下落した。午後4時現在は105円60~70銭と、前日午後4時(105円45~55銭)比15銭の円安・ドル高。
 対ユーロは、1ユーロ=122円70~80銭(前日午後4時は122円75~85銭)で、05銭の円高・ユーロ安。
 円相場は北米勢が参入する午後に入って軟化した。ドル円のオプション取引の権利行使期限を過ぎたことが一因との見方もある。特段の手掛かり材料がなかったこともあり、全体的には様子見気分が強い相場となった。
 ユーロは上値の重い展開。新型コロナウイルスの欧州での感染増加で、経済活動の停滞に懸念が広がっている。ユーロの対ドル相場は午後4時現在1ユーロ=1.1615~1625ドル(1.1635~1645ドル)。
 ポンドもこう着。スナク英財務相が前日、雇用維持から賃金底上げに焦点を移す経済対策を公表し、雇用悪化を見込む向きが増えている。1ポンド=1.2700~2710ドル(1.2710~2720ドル)。
 スイス・フランは1ドル=0.9285~9295フラン(0.9275~9285フラン)。(了)

時事通信

関連ニュース

最終更新:9/26(土) 2:27

時事通信

投資信託ランキング