IDでもっと便利に新規取得

ログイン

日本株反発へ、米経済対策に期待、指標堅調で景気懸念後退-内外需高い

9/25 8:03 配信

Bloomberg

(ブルームバーグ): 1日を始める前に押さえておきたい世界のニュースを毎朝お届け。ブルームバーグのニュースレターへの登録はこちら。

25日の東京株式相場は反発の見込み。米追加経済対策への協議再開への期待や堅調な米経済指標を受けて景気の先行きへの懸念が弱まり、ハイテク株、素材、商社などの輸出関連、情報・通信や電気・ガスなど内外需ともに買われる。第2四半期末の配当の権利取りの動きも追い風となりそう。

<きょうのポイント>

みずほ証券の倉持靖彦マーケットストラテジストは「米追加経済対策の額ではトランプ政権と下院議長では開きはあるものの歩み寄る気はある。共和党が折れる必要はあるが、話が進む兆しが出てきたことは大きい」と指摘。「米政権移譲が平和的に進まない場合は株価を下げたりVIX指数が上昇するので、共和党議員らの確約は良い材料」と話した。

(c)2020 Bloomberg L.P.

Bloomberg

関連ニュース

最終更新:9/25(金) 8:03

Bloomberg

投資信託ランキング