IDでもっと便利に新規取得

ログイン

【今朝の5本】仕事始めに読んでおきたいニュース

9/25 6:15 配信

Bloomberg

(ブルームバーグ): 24日の米株式相場は反発。追加景気対策を巡るムニューシン米財務長官の発言などが好感されました。ただ欧州での新型コロナウイルス感染拡大が嫌気されて一時下げるなど、変動も大きな展開。米景気対策を巡って、ペロシ下院議長は民主党が主張する支援策の規模に関して譲歩の姿勢を見せておらず、協議の行方が注目されます。以下は一日を始めるにあたって押さえておきたい5本のニュース。

協議再開も

ムニューシン長官は追加景気対策の妥協案を巡り、ペロシ議長との協議を再開する意向だ。事情に詳しい関係者が明らかにした。長官は上院銀行委員会の公聴会で証言。新型コロナ危機に対応するための的を絞った救済パッケージは「なお必要だ」と言明し、「民主党側に話し合う用意があるのなら、こちらも超党派の法律制定を目指しいつでも協議する意向だ」と述べた。ペロシ氏も記者会見で協議再開への期待を表明した。

身内から異論

米共和党議員は、11月の大統領選挙後の政権交代は混乱なく行われると約束した。平和的な政権移譲への確約を拒むトランプ大統領を戒めた格好だ。マコネル共和党上院院内総務は、「11月3日の選挙における勝者が来年1月20日、大統領に宣誓就任する。1792年から4年ごとに行われているように、政権は整然と移行される」とツイッターに投稿した。ロムニー上院議員も23日に「米国憲法での保証を大統領が尊重しないと示唆することは考えられず、容認できない」とツイートしていた。

ECB資金供給

欧州中央銀行(ECB)は「条件付き長期リファイナンスオペレーション(TLTRO)3」で、域内市中銀行に1745億ユーロ(約21兆4100億円)を供給した。新型コロナで打撃を受けた経済を支えるための融資を銀行に促す。24日の入札には388行が参加し、供給額はエコノミスト予想の上限付近となった。6月のTLTROでは過去最大となる1兆3000億ユーロを供給していた。

FRB理事から財務長官か

米大統領選の民主党候補バイデン前副大統領による財務長官探しでは、米連邦準備制度理事会(FRB)のブレイナード理事が最有力候補だと広く考えられている。ウォール街と進歩派の双方が納得できる選択になるとみられているようだ。複数の関係者によれば、エリザベス・ウォーレン上院議員もまだ完全に否定されてはいないが、可能性ははるかに低いという。

約2年ぶり

トルコ中央銀行は、政策金利である1週間物レポ金利を10.25%とこれまでの8.25%から引き上げた。これまでに打ち出した他の措置では通貨リラを安定させることができず、2018年終盤の通貨危機以降で初の利上げに踏み切った。ブルームバーグの調査では大半が据え置きを予想していた。中銀は8月以降、流動性を絞るなどして引き締めを図ってきたが、投資家は透明性欠如や政策反転の容易さからこの手法を疑問視していた。

その他の注目ニュース

ユナイテッド航空、ハワイ便旅客に250ドルで検査-陰性なら待機免除

スナク英財務相、雇用の「悲劇」対策を発表-賃金補助や融資延長 (1)

ロンドン優位は依然圧倒的、米銀大手が軸足-英国のEU離脱迫っても

(c)2020 Bloomberg L.P.

Bloomberg

関連ニュース

最終更新:9/25(金) 6:15

Bloomberg

投資信託ランキング