IDでもっと便利に新規取得

ログイン

ゆうちょ銀行の不正出金問題 池田社長が会見(全文3)本人確認資料の偽造がポイント

9/24 20:56 配信

THE PAGE

 ゆうちょ銀行の池田憲人(のりと)社長は24日午後、不正出金問題を受けて記者会見を行った。

※【**** 00:35:30】などと記した部分は、判別できなかった箇所ですので、ご了承ください。タイムレコードは「ゆうちょ銀行の不正出金問題 池田社長が会見(2020年9月24日)」の会見開始時間に対応しております。

     ◇     ◇

6330万円と伝えたら数字として違和感があるのか

NHK:NHKの【カトウ 00:38:48】と申します。まず被害件数についてだったんですけども、これちょっと確認でなんですが、個別に電子決済を通じた被害が6000万円で、一方でmijicaを通じたところは変更ないという認識でいくそうなんですけども、伝える際にゆうちょ口座を持ってる人からすると、同じ口座から被害を受けたっていうふうなところでは、面では、総体として捉えることもできるのかなと思うのですが、これは全体感として、例えば6330万円とかっていうふうにお伝えすると、まず数字として違和感があるものなのかどうかちょっと教えてください。

田中:数字に違和感というか、まずmijicaの件については、もちろん大変申し訳ないことではございますけど、mijicaカードを持っておられる方と、それが悪意の第三者によって使われてしまったという事案だと思います。こちらの即時のものについてはそういうことがなくても、被害に遭われているという可能性があるものだという分類ができると思うんですけど、今ほどおっしゃったように、お客さまのお気持ちなりからするとそれはもう同じようなことだという具合に、自分が関係ないところでということだと思いますので、そういう意味では同じタイプかなという気はいたします。

サービスを続けながら総点検できるのか

 われわれ、発表するときはmijicaの分、こういう分ということで分けてはおりますけど、お客さまのおっしゃるお客さまのお気持ちっていうことからすると、それはもういずれも申し訳のないことだという具合に思っておりますので、先ほども申し上げましたようにできるだけ早く補償を、するべき補償は早くさせていただきたいというふうに切に思っているところでございます。

NHK:あとは背景も違うでしょうし、原因も違うというのは承知の上なんですが、その中、8サービスで6330万円という、損害の【全体からとられると 00;41:06】、だいたい今状況としても見えてきているのかなという被害でいうと、引っくるめてそういうふうなお伝えの仕方では違和感は【*****00:41:19】

田中:ちょっとすいません、違和感がないというのは、私どもとしては今回、即時振替のサービスの関係については先ほど私も申し上げましたように、全体感を把握する必要があるということで、私どもの受けているものを端的にいえば全て、私のものを受付ベースで全て、過去分も洗ったという数字で先ほど申し上げたように全体感をつかむためにやった数字でございます。その前提でお使いいただければという、大変ありがとうございます。

NHK:またちょっと質問が変わるんですけれども、池田社長の下につくられたタスクフォースの関係の質問なんですが、これは総点検をされるということなんですけれども、その際に今、ゆうちょのサービスの中で、総点検でサービスを止める必要とかっていうのがあるのか、それともサービスを続けながらこの総点検できるものなのか、その辺の話、教えてください。

池田:もちろん10月末までそういうようなタスクフォースで早く見ようと思っておりますが、できるだけ並行してやっていきたいと思っておりますが、お客さんに一部不便をお掛けしておるところがあります。ここについては少し、1カ月ぐらいみて、早く再開ができるようにしていきたいと思っております。

 これは、特にスマホの問題というのはわれわれ相当遅れていると思います。遅れてるといいますか、いろんなところで遅れていると思う。早く追いつきたいという思いがございまして、それはお手本をどこにするのかというのももちろん持っています。どことどこが持ってますとありますけど、すでにお話、お聞き及びかと思いますけど、あれは全銀協会長の会見のところだったですね。

ゆうちょPayを止める考えは

 あれ、まず、どういうお客さまと取引をするか、それから認証問題、今回は認証の問題。それからそのあとモニタリングの問題がある。そして補償の問題。この4つというのをうまくうちのサービスの、今、3つ申し上げましたが、うまく絡めて新しい体制、体系をつくっていきたいと思っております。もちろんお手本のところも私の頭の中には幾つかございますが、それを含めてしていきたいと思っております。

NHK:今のに関連して補足して伺うんですが、まず今、電子決済サービス、送金止めているところというのが事実上あると思うんですけど、今、送金止まっているのはそのままだとしても、あらたに例えばサービスを全面的に、ゆうちょPayとかを止めたりとかっていう考えは。

池田:ございません。ゆうちょPayはお使いいただきたいと思っております。

NHK:【カ***00:44:15】のサービスも、今止めているところ以外は基本的には。

池田:ええ。基本的には通常どおりやっていく。

他社とのモニタリングの連携はどう考えるのか

NHK:次、今モニタリングというところでお話あったと思うんですけれども、そのモニタリングというのは、過去のものをモニタリングするというところではなくて、これから、このあたり、セキュリティー対策としてつくっていくというモニタリングという理解でよろしいですか。

池田:はい、私みたいな銀行員が素人で、その点に深く追求するような能力を持ってないんですけれども、私自身が今まで勉強の中で認証を突破されると、これが実は認証のところで止まっている限りは認証をしっかりすればいいと思いますけど、その次のときにどうやって、言葉は悪いんですけれども、フィッシングだとかハッカーとか起きるときに、一定の期間で止めるという、こういうような仕組みをつくっていきたいと思っております。ですからちょっと素人がそんなことを言ってなんだと言われるかもしれませんが、私の頭には、あるいはうちの行内にはそういうことをしようということで、一部数人でそれを勉強しているところもあります。その意味で今回、こういうようなご迷惑を掛けたものですから早くやっていきたいと思っております。

NHK:最後にですが、今モニタリングで、自社でおやりになるというところでお話を伺ったんですが、【トウ**00:45:42】電子決済の通貨サービス、他社との連携というのがまさに肝になる中で、ゆうちょ銀行だけでは当然成し遂げられないものだと思うのですけども、その辺の他社とのモニタリングの連携のところについてはどのようにお考えですか。

池田:決済業者ですか。今回、いろいろなことが、キャッシュレス推進協議会というのがございまして、今月の中ごろ、もう少し前にガイドラインをつくられております。もちろんこういう問題があったからつくられたのかどうかは分かりませんが、もともと問題意識をお持ちになっていたと思います。

 それからもう1つ、先ほど申し上げたとおり、全銀協の会長の会見の中ででもガイドラインを作っていこうということがあります。従ってそれに沿ってモニタリングしていきたいと、こう思っておりますし、なおかつ当行は一番、先頭バッター、先頭バッターじゃないな、被害を受けていますから、お客さまの安全のために少し早めで、少しでも早めで、相当早めでやっていきたいと、こう思っています。

NHK:ありがとうございます。

司会:それではご質問のある方は挙手をお願いいたします。それでは廊下から2列目の。こちらの【ゴ****00:47:08】お願いします。

チャージ等の不正は発生していないのか

記者2:フリーランスの【クワタ 00:47:20】と申します。今の不正送金なんですけど、こちら送金だけでチャージ等の不正は発生していないということでよろしいでしょうか。これも確認させてください。

事務局:お答えいたします。今のところ、【受け取る資産口座******、***** 00:47:45】ですけれども、それ以外は特に見られてないという状況でございます。

記者2:これは構造的に発生しないと考えていらっしゃっているのか。それとも【******* 00:48:01】、可能性の話で。

事務局:今は現状、【********* 00:48:07】と言っていますけれども、その機能自体を止めておりますので、現時点で発生するということはないと。ただ、潜在的にあったかなかったかということも含めて、確認をしましたけれども、100%かどうかっていうのはちょっと。今のところはその辺の状況っていうかですね、まだ確認できませんでしたので、おそらくなかったであろうという。

記者2:それを前提に調査をされたという?

事務局:はい。

記者2:ありがとうございます。

司会:それでは質問のある方は挙手をお願いいたします。一番窓側の前から4列目の方ですね。

過去分について確認したい

日本経済新聞:すいません、日経新聞の【ヒロセ 00:49:01】と申します。まず事実関係の確認なんですけど、この380件、約6000万円のうち、過去分も含むっておっしゃってましたけど、これ、ちょっと時期とおおよそ整理して教えていただけますかね。これまでの発表分は1日以降だったけど、今回過去分っていうのは、1日以降【コウデル 00:49:18】っていう形でちょっと整理していただけますか。

池田:すいません、数字の関係なので事務局の方がお答えをします。

事務局:【******** 00:49:26】。まず今まで発表していた分というのが、約140件でございまして、こちらは本年発生したものでございまして、まだ【**** 00:49:38】、各事業さまとは【***** 00:49:39】して発表したものでございます。先ほど、過去分と申しましたのは昨年すでに発生したものでございまして、こちらが150件ということでございます。で、今回の状況で新たにお客さまからお申し出いただいたものというのがだいたい100件ということでございます。

日本経済新聞:ごめんなさい、昨年以前、いつまでさかのぼって。

田中:【カクテイ 00:50:07】につきましてはもう確認できているところでございますと、2017年の4月でございます。

日本経済新聞:2017年の7月から昨年度末までに関して、【******** 00:50:18】をして。

田中:150件です。

日本経済新聞:150件。分かりました。2つ目がmijicaのほうなんですけども、たぶん前の方の質問 とも絡むんですけれども、これ、スクリーニングをしたということですけれども、被害事案、【発覚事案 00:50:33】と同じパターンでスクリーニングしたということで、現状はそちらでお伺いになったとおり、現状では過去分含めて、いわゆる【****みられる 00:50:40】ということですが、【レット 00:50:46】のサービスが2018年の1月だったと思いますけども、プリペイドは17年1月まででしたよね。この17年1月に流失した理由はなんですか。

事務局:送金サービスを【***タ 00:50:59】のは18年1月からです。

同じ偽造書類でSBIの証券口座を開設したのか

日本経済新聞:分かりました。3点目のSBI証券さんのところに絡むことなんですけれども、これ、前回の、田中副社長、ここで会見【サレルベキ 00:51:14】だったと思うんですけれども、証券口座と銀行口座は同一の氏名じゃないと、【ネットデ 00:51:22】こういうことできないってお話だと思うんですけども、偽造の書類を使ってゆうちょの口座を開設して、同じ偽造書類でSBIの証券口座を開設したと思われるという理解でいいでしょうか。

田中:お答え申します。前回もお答え申し上げましたように、例えばA証券口座に田中進という名前で名義を証券口座を開設してて、今まではそこに登録できる銀行口座っていうのはどこの銀行口座であっても田中進ということじゃ、同じじゃなきゃいけないと。そうやってやっていたものを、悪意の第三者が口座を、考えられるのは、のっとって、それでその方は田中進という名前じゃないんですけど、田中進という偽の名義の本人確認書類を作って、田中進名義の偽造口座を作りましたと。

日本経済新聞:【**** 00:52:18】っていう。

田中:はい。【**** 00:52:19】。それを当時はオンラインで古い口座と差し替えが可能だったので、それでその偽造した口座に出金されてしまったと。私も承知しておりますのは、当然、証券会社の皆さまもそういうオンラインでの出金口座の手続きの見直し、廃止、郵送に限るとかあるいはチェックなさっているのも、今までは私どもで承知しているのは名義だったんだけども、住所とかもいろんな情報を合致を求められているということで、問題に対応なさってきているというふうに私どもは理解しているところでございます。

今までのやり方が一因になっていた可能性は

日本経済新聞:基本的に貯金口座開設時にゆうちょ銀さんが本人確認の、【イイ 00:53:08】とまでは言えるのかどうかは分かんないですけど、少なくても今までのやり方がオンラインでの送金の引き出しの一因になっていた可能性はあるということですか。

田中:お答え申し上げます。私どもは、ここのポイントは本人確認資料が偽造されているということが一番のポイントでございまして、ただ、やはり今回見ていますと、非常に偽造も巧妙な偽造でございますし、だものですからなかなか、われわれも1個あとから口座開設書類等を確認しましたけれども、1件として見たときに偽造だと判断できるのかというのは、やはりこれはかなり、現実的には難しいものがあるなと思わざるを得ないと。

 従って、根本からここはもう見直そうということで、そういう写真付きじゃない証明書は原則お断りをして、写真ありのほうに持っていこうと。こういうわれわれの考え方でございます。

日本経済新聞:今後の対応なんですけど、顔写真付きの、例えば運転免許証自体偽造されている可能性もあると思うんですけども、そこの真正性っていうのはどうやって確認しているんですか。

田中:おっしゃるように例えばいろいろ【危険度把握書類 00:54:24】だとかそういうものがいろんな偽造を、おっしゃるように本人確認資料の偽造の例が書かれているので、おっしゃるようにそれはゼロとは申し上げられませんけれども、当然、1つは偽造がしにくいっていうこともありますし、今ほど申し上げましたように、私ども本人確認資料のコピーを頂戴しておりますので、顔写真の付いたものをコピーで残しておくということの、一定の抑止力もあるのではないかと思って、今回こういう政策を取らせていただいたということでございます。

個人対象口座だから狙われやすかったのか

日本経済新聞:長くなってすいません、最後、【マエ**00:54:59】絡むところなんですけれども、ICIJのホームページに出されている、日本からの送金額を見てみると、上位2社がほかの銀行でしたけども、ゆうちょさんは額だけでみると3番目にきていたと思うんですが、これは個人を対象にした口座のっていうところでは、やはり狙われやすかったのかっていう印象を受けるんですけども、あらためてこれまでの2019年7月以前のところでの狙われやすさみたいなところ、先ほど質問と重複しちゃうんですけども、教えてください。

田中:今お尋ねあったのは、資料自体、申し訳ありません、確認をICIJの資料を一部確認してありますけれども、今、ご指摘のあった具体的な資料は申し訳ありませんが確認未済で申し訳ないんですけども、国際送金については口座開設ももちろん当然入口対策として大事ですけど、国際送金対策っていうのも非常に大事だということで、先ほど申し上げたように例えば法人からの国際送金はお断りするとか、上限額をセットするとか、逐次そこはマネロン対策を強化して講じてきたつもりでございます。

日本経済新聞:申し訳ありません、補足で、冒頭、【***** 00:56:10】については詳細は申し上げられないということでしたけれども、あそこに載っていた個々のものについては確認をしているのかどうかっていうところだけ教えてください。

田中:ちょっとそれは、ちょっと悪いけど事務局のほうから。

日本経済新聞:事案としてゆうちょ銀として覚知しているものかどうかっていうことです。

事務局:その件に関しまして言うと、個別のことについてはお答えは差し控えさせていただきたいのですが、いわゆる覚知で言いますと、疑わしい取引ということで、決して違法なものばかりではないというふうには認識してございます。

日本経済新聞:【**** 00:56:53】として認識はしているっていうことですね。

田中:それもイエスかノーか、ちょっと申し訳ないですけども。申し訳ありません、それは。

日本経済新聞:分かりました、ありがとうございます。

司会:それでは質問のある方は挙手をお願いします。それでは、一番窓側の前から2列目の方。

【書き起こし】ゆうちょ銀行の不正出金問題 池田社長が会見 全文4に続く

THE PAGE

関連ニュース

最終更新:9/25(金) 11:17

THE PAGE

投資信託ランキング