IDでもっと便利に新規取得

ログイン

ゆうちょ銀行の不正出金問題 池田社長が会見(全文2)少しでも早く公表すべきだった

9/24 18:25 配信

THE PAGE

 ゆうちょ銀行の池田憲人(のりと)社長は24日午後、不正出金問題を受けて記者会見を行った。

※【**** 00:35:30】などと記した部分は、判別できなかった箇所ですので、ご了承ください。タイムレコードは「ゆうちょ銀行の不正出金問題 池田社長が会見(2020年9月24日)」の会見開始時間に対応しております。

     ◇     ◇

一連の事案説明、被害報告に問題は?

共同通信:共同通信の【イノウエ 00:21:26】といいます。池田社長にお願いします。一連の問題を、先ほど対応遅れなど謝罪されましたけど、そもそも15日の高市前大臣の、被害発表が、御社の対応が常務が出てこないで、社長が出てこない、そして【常務****社長**** 00:21:46】だと思うんですけども、一連の事案説明、被害報告に問題がなかったかどうか、現時点での認識をお願いします。

池田:大変申し訳ございません。適宜把握、ドコモ以外の事象も把握をしていながら、4社長の会見で公表しなかったというご質問について、大変申し訳ございません。その時点で私ども、段取り、公表についての、件数公表についての段取り調整が済んでなかったということ。それからご質問がドコモということでご質問を受けたものですから、私自身はその件についてお答えしたと。しかし今から振り返ってみれば確かに総務大臣に報告をした案件、その他もありますので、本来は早急に話していたほうが良かったなと思っておるところでございます。少しでも早く公表すべきという点は反省しておりまして、深くおわび申し上げるところでございます。

司会:それでは質問のある方は挙手をお願いいたします。それでは前から2列目の方。

6000万円の中にmijicaの被害は含まれるのか

ITmedia ビジネスオンライン:すいません、ITmedia ビジネスオンラインの秋山と申します。基本的な確認で恐縮なんですけれども、今回の380件、約6000万円の被害の中に、mijicaの被害は含まれていらっしゃるのでしょうか。

田中:含まれておりませんという認識ですが、もし間違ってたら直していただきたいんですけど。

ITmedia ビジネスオンライン:ありがとうございます。では、これまでに発表されている即時振替サービス【カイジョノナナシャ 00:23:49】を通じての被害がこの6000万円ということでよろしかったでしょうか。

事務局:そういうご理解で結構でございます。

ITmedia ビジネスオンライン:はい、ありがとうございます。

司会:はい、それではご質問のある方は挙手をお願いいたします。はい、じゃあ【*******00:24:19】。

男性:すいません、こちらにお願いいたします。

不正利用者側がどうやって口座をつくったのか

三上:ITジャーナリストの三上と申します。mijicaの不正送金について教えてください。不正利用者側がmijicaカードを作成しています。ということは、不正利用者側も口座開設をしていると思います。その辺について、不正利用者側がどうやって口座をつくって、それからmijicaカードをどういうふうにつくったのか、【*********00:24:57】教えてください。

 それからもう1つ、mijicaでは送金の際に5桁の番号ということが書かれておりますが、この仕組み自体がいつ始まったのか、教えていただけますか。お願いいたします。

田中:まず私のほうからお答えを申し上げます。おっしゃるように、今回のこの例で言いますと、向かって右手のほう、不正利用者のほうもおっしゃるように口座開設の手続きを取っておりますので、私どものほうもその口座保有者の調査というものは取り進めてございます。

 ただ、誠に恐縮でございますけど、この件も当然、捜査当局にご相談を申し上げてる件でございまして、現時点で私どもの把握しておりますことについては、少し直接この場での開示はご容赦を頂戴できればというふうに思っております。

 それから、もう1点のお尋ねの、5桁のカードの番号を入れるということについては、これは導入当初からでよろしいですか。よろしいですよね。導入当初から、2018年の1月からの、導入したときからこの仕組みになってたということでございます。

三上:mijicaの犯人自体が口座開設をしてるんですか。それとも誰かの口座を乗っ取って。

田中:そこは、申し訳ありません、ちょっとまだ私どももそこまで突き止めかねてるのが実情でございます。

三上:ありがとうございます。すいません、mijicaの会員数、先ほど約20万とおっしゃったと思うんですけども、それで間違いないですか。

田中:間違ってない数字でございます。約20万でございます。

三上:mijicaの被害に遭う可能性がある人は、そうすると最大20万という考えですか。20万の方が被害に遭う可能性がある。

田中:はい。お答え申し上げます。今の、今回の仕組みにつきましてはおっしゃるとおりだという具合な認識をしておりますものですから、今後、今回の報道発表でも追加的な対応として、mijica会員全員を対象としたメールを送らせていただくというのは、今、ご質問を頂戴したことへの対応ということでございます。

三上:分かりました。

司会:はい、それでは質問のある方は挙手をお願いいたします。はい、それでは【***********2列目の3番の*****00:27:39】。

今の口座開設の方法をどう評価しているのか

ブルームバーグ:すいません、ブルームバーグの【ムラナカ 00:27:47】です。口座開設の厳格化なんですけども、これまで、以前のやり方において、他行比較で、御行の口座は比較的開きやすいとか、そうではないとか、そういうふうに、どういうふうに評価されておられるんですかというのと、もう1点、写真IDのみというのは、運転免許証とかマイカードとか持ってない方がおられるので、相当、導入するに当たっては今回でもいろいろ、相当議論があったと思うんですけども、その辺りの利便性と安全性をどう整備されたんでしょうか。

田中:お答え申し上げます。他行比較はどうなのかということは、この本日の資料の変更前、9月23日の、このやり方がどうなのかということで、当然このやり方はいわゆる犯収法に基づいておりまして、ちょっとやや月並みであれですが、一般的なフローだと、範囲だというふうに私どもは認識をしてございます。ご指摘いただきました、もちろん写真付きのIDに原則限るということになりますと、その分お客さまのほうにご負担をお掛けするということは事実でございます。ただ、先ほども申し上げましたように、こちらの顔写真なしのやつについて、非常に巧妙に偽装されているという現状に鑑みますと、やはりここのところについては非常にリスクが高いなと思わざるを得ない。

 それで、あとそれから、中でサンプル調査もいたしましたけども、やはり今でも顔写真付きのほうによって作っていただいているほうがマジョリティー、多数でございますので、ここはもちろんいろいろなケース・バイ・ケースのことは考えなきゃいけないと思いますけども、原則としてはこちらにもう限ろうというふうに、社内でも協議をいたしまして、今回こういうことにさせていただくというつもりでございます。

 ただ、いずれにしましてもお客さまには若干、ご不便をお掛けするお客さまも中にはいらっしゃるということについては私どもも思っておりますが、そういう方についてはそれぞれの事情というのをご相談いただくということになるのかなというふうに思ってございます。

司会:はい、それではご質問のある方は挙手をお願いいたします。それでは、窓側から2列目の一番前の方。【*****00:30:22】お願いいたします。

書留の不審さに気付くのは難しかったのか

記者1:【セキュリティ***のタケヤマ 00:30:32】と申します。2点、教えていただきたいんですが、まずmijicaに関してなんですけれども、こちら、8月8日に最初の不正送金が起きていて、翌日対処されていて、ドコモ口座の問題が起こった時点で、すでに御社でもこういった問題を把握されていたと思うんですが、今回のこの発表のタイミングは、どうして【***********00:30:58】教えてください。

田中:お答え申し上げます。先ほど社長の池田のほうからも申し上げましたように、この一連の3回、一連の経過を鑑みますと、やはり私ども現時点では今、ご指摘のあったところで本来公表する、あるいは場合によってはサービスそのものの停止を検討するべきではなかったかというふうに考えてるところでございます。

記者1:分かりました。2点目なんですけども、本人確認に関しまして、変更前で先ほどのご説明にあった、ウという、顔写真なしで郵送確認という形で行っていたと。これ書留などだと思うんですけども、送った先に関して、並べてみたら分かったという、筆跡の問題がありましたけども、郵送先が同じだったとか、例えば書留の部分で不審な部分があったのか、その辺を気付くことはなかなか難しかったのでしょうか。

田中:お答え申し上げます。先ほど私どもも確認をさせていただいたと、コピーでございますけど、私が記憶違いでなければ、5件とも住所は全然別な住所でございました。筆跡を見てくれた人というのは、そういう住所は違うんだけども、例えば町のところのはね方がどうだとかこうだとかとかいうようなことで、同一人じゃなかろうかということは事後的にはございますけども、住所はそれぞれ別住所だという具合に記憶をしてございます。

記者1:申し込まれた窓口は全部同じだったんですか。

田中:いや、違います。

記者1:県とか町のレベルでも構わないんですが、それは同一だったんですか。

田中:それについてちょっと申し訳ないですけど、事務局のほうから。

事務局:いわゆるエリアの判定等、所在につきましては、捜査の関係もございますので、ご容赦いただければと思います。

司会:それでは質問のある方は挙手をお願いいたします。それでは一番窓側の、【茶色い** 00:33:29】。

脆弱な部分はどこだと分析しているのか

日経ビジネス:日経ビジネスの鷲尾です。まずmijicaの問題からお伺いしますが、今回のmijicaの不正送金で突かれてしまった脆弱な部分っていうのはどこだと分析されているんでしょうか。

田中:お答え申し上げます。先ほどもちょっとご質問を頂戴をいたしましたところにも関係いたしますけども、1つはセキュリティーとしてカード番号の下5桁を入れるということで一定のセキュリティーを確保してきたつもりでございますけれども、現実に五十数人の方に被害が出てしまっているということからしますと、全体としてのセキュリティーについてmijica送金のセキュリティーについては、もう一度見直す必要があるというふうに現在は認識をいたしております。

日経ビジネス:例えば乱数表を入れるとか、ワンタイム入れるとか、そういうお考えですか。

田中:まだ具体策についてはこれからよく早急にスタッフとも議論をする必要があると思いますし、先ほど池田のほうから発表させていただいた、全体としてトータルとしても見直しをしていこうということになっておりますので、その中でもこの、現に問題の出ている、もちろん池田さんのところでやるものについては全般的な見直しをすると、全般的にこのmijicaとかこういったのに限らず見直しをするということでございますけども、そういう中でもどういう方策が堅牢性、セキュリティーの面においていいのかということについてはきちっと対応、議論をしてまいって、結論を出していきたいと思っております。

日経ビジネス:mijicaのウェブ登録するところ、メールアドレスからURLを転送して、そこから情報を入れるという過程だと思いますけれども、ウェブ登録をするところのセキュリティーについてはどうお考えなんでしょうか。口座に登録してる住所に郵送してるから問題ないとお考えでしょうか。

A:それは事務局のほうから、すいません。

共通点と違う点をどう分析しているのか

事務局:【事務局の*** 00:36:01】申し上げます。ウェブ登録の部分につきましては、基本的にはIDとかパスワードを登録した上でということと、あと、あくまでもmijicaの場合は申し込みをいただくときに、貯金の口座に登録をしている住所のほうにお送りをしているというところで、ある程度のセキュリティーを確保されているのかなと考えてございますけれども、今回、ウェブ上で送金という部分に関しましては、先ほど田中からも申し上げましたとおり、いろいろと【******** 00:36:39】というところで必要なのかなというふうに考えております。

日経ビジネス:今回のmijicaの不正送金と、ドコモ口座の外部のキャッシュレスサービスで起きた不正送金の共通点と違うところ、原因として、共通点と違うところをどう分析されていらっしゃいますか。

事務局:基本的には仕組みは全然まったく異なっているというふうに考えてございます。登録の仕方とか、いろいろと送金の仕方、仕組みは違っているというふうに認識はしておりますけども。一方でその辺の関連性みたいなところまではちょっと分析しきれていないということですので、【コノ**** 00:37:27】も含めてしっかりと分析をしていきたいというふうに思います。

日経ビジネス:何回もすいません。ウェブのmijicaの登録会員が40万人ということでしたけども、送金のトランザクション、月でも年でもいいんですけど、利用実績はどれくらいでしょうか。

事務局:半年で1200人ぐらいで【******** 00:37:52】。

日経ビジネス:1200人?

事務局:はい。1200人です。

日経ビジネス:分かりました。ちょっと話は変わるんですけれども、銀行口座の登録、本人確認ところなんですが、内閣府とかマイナンバーカードの普及を推進してるところではICチップによる本人確認を推奨してると思いますけれども、こちらのほうはご検討されてますでしょうか。

田中:お答え申し上げます。そういうことはうちでも当然検討していかなきゃいけないという課題だと思ってございます。

司会:それでは、ほかに質問のある方は挙手をお願いいたします。それでは一番廊下寄りの、【*******00:38:35】の方。

【書き起こし】ゆうちょ銀行の不正出金問題 池田社長が会見 全文3に続く

THE PAGE

関連ニュース

最終更新:9/25(金) 11:18

THE PAGE

投資信託ランキング