IDでもっと便利に新規取得

ログイン

ゆうちょ銀行の不正出金問題 池田社長が会見(全文1)22日現在で被害額6000万円

9/24 18:10 配信

THE PAGE

 ゆうちょ銀行の池田憲人(のりと)社長は24日午後、不正出金問題を受けて記者会見を行った。

※【**** 00:35:30】などと記した部分は、判別できなかった箇所ですので、ご了承ください。タイムレコードは「ゆうちょ銀行の不正出金問題 池田社長が会見(2020年9月24日)」の会見開始時間に対応しております。

     ◇     ◇

不正利用に関する今後の対応などを報告

司会:始めさせていただきます。初めにゆうちょ銀行取締役兼代表執行役社長の池田と、同副社長の田中よりご説明をさせていただきます。

池田:ゆうちょ銀行の池田でございます。このたびは当行が提供する各種サービスの不正利用により、被害の発生状況等の公表が遅れることにより、お客さまはじめ、関係の皆さまに多大なご迷惑、ご不安をお掛けしたことを深くおわび申し上げます。失礼ながら、着座させていただきます。

 まずは私どもの即時振替サービスの不正利用に関する今後の対応状況と、昨日発表いたしましたmijicaの不正送金への対応。また、先般の報道のありましたSBI証券事案に関連し、当行の口座開設時の手続きの厳格化について、副社長の田中からまずはご報告させていただきます。

550万口座に取り引き確認をお願いする

田中:副社長の田中でございます。よろしくお願いを申し上げます。まず私からご報告を申し上げます。1点目、最初にお手元の資料で、即時振替サービスの不正利用における今後の対応についてという資料があろうかと思います。それを見ながらお聞きをいただければ、ご説明をさせていただきたいと思います。

 まず1点目はお客さまに対しまして、あらためてお取引の確認のお願いを個別にさせていただこうと思ってございます。費用の、被害の全容を把握するために、決済事業者を登録されている、いわゆるひも付いている口座をお持ちのお客さま、先般公表申し上げました約800の事業者数があるわけでございますけども、これをご登録のお客さまに名寄せをさせていただきまして、結果、約550万の口座を特定してございます。この550万、全口座に対しまして、お心当たりのない取引のご確認等をお願いしてまいるつもりでございます。

 本日、すでに全国51の新聞各社の朝刊のほうに、取引のご確認をお願いする広告を掲載いたしてございます。さらに本日以降、今ほど申し上げました決済事業者を登録いただいている約550万口座のお客さま全員に、順次メールまたはダイレクトメールの発送を行ってまいることとしてございます。この文章では、1のところの第1パラグラフ、第2パラグラフが今ほど申し上げたところでございます。第3パラグラフの、「さらに」のところでございますが、お取引の形態、これはチャージ状況等から、よりご確認を必要と考えられます、約600口座のお客さまに対しましては、別途個別にお電話により取引等のご確認をお願いしてまいることとしてございます。

 大変お客さまにはお手数をあらためてお掛けをいたしますが、お心当たりのない決済事業者との登録や、見に覚えのないお取引があったお客さまにつきましては、ゆうちょ銀行や郵便局の窓口、あるいは当行のコールセンターにお申し出いただきますようお願いを申し上げたいと存じます。

 なお、今回の電話なりメールなりダイレクトメールによるお願いが悪用されてしまい、ゆうちょ銀行をかたる偽メールなどによりまして、口座暗証番号等の情報が盗まれてしまうことがないよう、1点ご注意をいただきたいと思います。具体的には、ゆうちょ銀行からお客さまの口座暗証番号などを求めることは一切ありませんので、くれぐれもご注意いただきますようお願いを申し上げます。

9月22日現在で約380件、金額6000万円

 次に、ゆうちょ銀行口座登録時の2要素認証の導入、裏のほうのページに行っていただきますが、裏面でございますけども、現在10の決済事業者さまと新規の口座登録やチャージのサービス等を停止させていただいておりますけども、この10事業者、全て2要素認証の導入を完了いたしております。

 その次、3番目、即時振替サービスにおきます被害の申し出の状況、被害をお申し出いただいている、当行に対してお申し出いただいている状況の概要をご報告申し上げます。被害を申告いただいております状況につきましては、すでに公表済みのものも含めまして、9月22日現在で約380件、金額にいたしまして6000万円となってございます。これは当行が受け付けをさせていただいております、お客さまのお申し出を過去の分も含めまして、全て取りまとめた件数でございまして、全体感を把握するためにお示しをしているものでございます。380件です。

 今後、このお申し出につきまして、決済事業者さまと連携をして精査を行い、被害状況を確認の上、被害に遭われたお客さまに対する補償を、10月中をめどに進めてまいりたいというふうに考えてございます。これがまず1点目のご報告内容でございます。

 次に2点目、2枚目の資料をご覧いただきたいと存じますが、mijica会員間の不正送金、昨日、この資料の後ろにも付けてございますけども、公表させていただきましたmijica会員間の不正送金の問題でございます。まず私どもとして、補償のところにつきましては、この2のところでございますけども、被害に遭われた全てのお客さまに対する補償を9月中、今月中に行ってまいりたいと考えてございます。

mijicaの会員間送金は昨日スクリーニング実施

 併せまして、昨日発表いたしましたときにも調査中という具合に回答したと承知をしておりますけども、このたびの事案を受けまして、mijicaの会員間の送金は、ここにありますように、2018年の1月から実施をしてございます。これらの全送金を対象いたしまして、今般の不正送金に見られる特徴を踏まえたスクリーニングを昨日やってございます。スクリーニングの条件はそこにあります、マル1からマル3の条件でございまして、1カ月以内に2件以内の送金を受けた受取人に対して送金をされてるお客さま、それで送金の前に利用通知メール、これ利用のたびにmijicaの場合は原則として利用者にメールがいきますので、そこをあらかじめ宛先を変えてるということがございますので、そういうことが行われている口座、かつそういうことが行われて短時間のうちに送金をされてるお客さまということをスクリーニング条件といたしました。

 昨日のスクリーニングの結果ではそこにありますように、該当するお客さまはいらっしゃらなかったということでございます。ただ、ここにありますように、(3)にありますように、追加的な対応といたしまして、mijica会員全員の皆さま、約20万と承知をしておりますけれども、この方々に対する注意喚起、それから上記のスクリーニングのマル2までに該当するお客さまにつきましては個別に連絡をして確認をさせていただこうというふうに思ってるところでございます。

 いずれにいたしましても、被害に遭われたお客さまに対しましては、9月中をめどに補償を完了させたいと考えているところでございます。

 次に私がご報告申し上げます最後の案件でございます。口座開設時の本人確認手続きの厳格化についてでございます。これは、先週私ここで会見をさせていただきましたときにも一部ご質問を頂戴いたしましたけども、先週SBI証券さまのほうが自社のウェブサイトに不正アクセスがありうんぬんということで不正利用があったということでございます。その関係で、そこに書いてあります※のところでございますけれども、本人確認資料を偽造して不正に開設した当行口座5口座に出金したということが公表されてございます。

5行の本人確認書類、筆跡が極めて酷似

 私どもでこの5口座につきまして、いわゆる本人確認手続きがどうであったかということを確認いたしてございます。私ども、本人確認をさせてたときに、本人確認書類のコピーを頂戴しておりますので、それを確認したというのがポイントでございます。この5口座につきましては、いずれも顔写真なしの、本人確認書類1種類と、郵送による確認という手続きによりまして、5行いずれも別々の窓口で開設をされてございます。今、私が申し上げました顔写真なしの本人確認書類と郵送による確認というのは、このお手元の資料の対応方針の変更前のところのマル2のウの手続きでございまして、ルールとしてこういうルールが現在は、これで開設をさせていただいてございます。

 この本人確認書類につきまして、今ほど申し上げましたようにコピーがございますので、私どももう取り寄せて確認をさせていただいております。個々、1個1個の本人確認書類を見ております限り、コピーを見ております限り、不審なところというのは、私どもではなかなか見つけることができませんでした。ただし5人の、5行の本人確認書類を一様に並べて、全部並べて見てみますと、私どもの専門家が見たところによりますと、筆跡が極めて酷似してるという報告が上がってきてございます。私どもも現物は確認をしてございます。そういう状況でございます。

 また、お取引目的の記載、この5口座の記載も確認をさせていただきましたけれども、それぞれの1件1件の申告内容には特段不審な点はなく、単独で気付くことっていうのが難しいものがあるというふうに思っております。

顔写真付きの本人確認書類に限る

 それで、そういう状況を踏まえまして、つまりこの変更前のところの顔写真なしの本人確認書類による本人確認というのがやはり現実に、こういう今、私が申し上げたような形で、本人確認書類には偽造をされてると考えざるを得ない状況を踏まえまして、今後は原則といたしましては右の変更後でございますけども、顔写真付きの本人確認書類のほうに原則としては限らせていただこうというふうに決断をいたしたところでございまして、その旨、口座開設時の本人確認書類の手続きの厳格化を図らせていただきたいということでございます。

 なお、本件につきましては先般のSBIさまの発表にもございましたように、捜査当局が調査をしている事象でもございますので、情報開示に制約があることにつきましてはご理解を頂戴したいというふうに思っております。

 いずれにいたしましても、9月の24日からこの資料の変更後のところ、原則顔写真付きの本人確認書類1種類というふうに改正をさせていただくということといたしてございます。

 次に一昨日になりますか、9月22日にマネーロンダリングに関する一部報道につきまして、当行の名前も出てきていることは承知をしてございます。本件につきましては金融機関が提出いたしましたいわゆる疑わしい取引に関するものと思われますので、それ自体にコメントすることは差し控えをさせていただきたいと存じます。

 すなわち一般的に疑わしい取引の届け出内容については秘密保持ということになっておりますので、ご理解を頂戴できればと思いますが、しかしながら私どもの外国人のお客さまに対しての口座開設のやり方、あるいはその期中管理のやり方につきまして、当行の最近の取り組みにつきましてはご説明が可能でございますので、この資料の参考欄に基づきまして若干説明をさせていただきたいと存じます。

 ここのところに書いておりますように、口座開設の本人確認の厳格化ということで、2019年の7月から私どもも在留カードのご提示を必須とするというふうにしてございます。在留カードに記載されております在留資格、在留期間もデータベース化も期中管理のために行っておりまして、これは具体的には在留期間が満了するお客さまに対して、新しい在留カードの提示をお願いをするというものでございます。なお、ここにも書いてありますように在留カードは3カ月以下の短期滞在者には交付をされないものというふうに承知をしてございます。こういうことのように私どもも外国人の方に対する本人確認手続きというのは逐次強化をしてきたつもりでございます。

日本郵便と連携し、体制強化に取り組む

 これ以外にも特にマネロン対策としては国際送金の分野でいろんな管理を強めてきておりまして、送金の限度額の設定ですとか、あるいは法人による国際送金の取り扱いの停止、あるいは取り扱い窓口の縮小、あるいは送金審査も厳格化する等のマネロン対策の実施をしてきてることを、この機会に申し上げさせていただきたいと存じます。

 私といたしましては今後とも不正口座の開設の根絶、ならびにマネロン対策の強化に向けまして、引き続き監督当局、ならびに兄弟会社であります日本郵便株式会社と連携をいたしまして、体制強化に取り組んでまいりたいというふうに思ってございます。私からの説明は以上でございます。続いて社長のほうから最後の4件目につきまして、ご説明を申し上げさせていただきたいと存じます。

10月末までを目途に総点検

池田:4枚目のペーパーをご覧ください。4件目は私からご報告をさせていただきます。今般の各種決済サービスの不正利用事案の発生に鑑みまして、当行が提供する即時振替サービス、ゆうちょPay、デビット・プリペイドカードmijica等のキャッシュレス決済サービスに関する総点検を行うことにしました。私自身が直接指揮を執り、セキュリティーの堅牢性の確認やお客さまのご利用状況のモニタリング等について10月末までを目途に総点検を行います。

 当行が提供するキャッシュレス決済サービスについて、今後もお客さまに安心してご利用いただけるようセキュリティーも含めたサービスの向上に全力で取り組んでまいります。以上、私どもからの報告でございます。

司会:それではご質問お受けいたしますので、ご質問がある方は挙手を願いまして、私が指名をいたしますので、大変恐縮ですが、【リョウワクブ 00:18:19】マイクスタンドまで移動していただきまして、社名とお名前をおっしゃってからご質問をお願いいたします。なお、会見終了後には担当者がこの場に残りまして、皆さまからのご質問をお受けいたします。それではご質問ある方は挙手をお願いいたします。それでは【******00:18:44】の方。

新たにわかった被害額は

TBS:TBSの【ク** 00:18:53】と申します。ちょっと確認なんですが、即時振替サービスの件なんですけど、これ、380件、6000万円というのはすでに公表済みのものも含めてということは、新たに【申し出 00:19:09】が出ているのは【現在*** 00:19:11】、137件、2205万円の引いた数字ということでよろしいですか。

田中:ちょっと数字の関係なんでちょっと事務局のほうから。

事務局:お答えいたします。【********00:19:26】と申します。件数の件でございますけれども、これは【ヤ****** 00:19:30】の内訳といたしましてはおっしゃるとおり、【******* 00:19:34】。そのほかに今までと同じ、過去分のところの件数が、調査の結果出てまいりましたので、そちらを記載しているというところでございます。

TBS:そうしますと過去分ですでに被害が出ているものっていうのは、件数的に分かるんですか。

事務局:現在、件数のところでございますけれども、全体的には【******* 00:20:02】想定もしておりまして、数字のほう確定させている状態になります。ただ今、今回、380件というところにつきましては、今われわれが【受け付けたものの全部 00:20:12】という数値でございます。

TBS:137件、プラスアルファ過去分の被害があるということで、それ以外は調査、一応本当の被害のとろころは確認ということですか。

事務局:はい、まず過去分につきましては約150件ございます。で、新たなものがだいたい100件ということになります。

TBS:150件の金額は、やっている?

事務局:だいたい3400万円ぐらいになります。

TBS:それはもうじゃあ被害ということですね。

事務局:こちらもお客さまから申告を受けたベースでございまして、まだ調査中のものが含んでございますので、そちら、まだ全てが不正利用のものというふうに決まったわけではございませんが、われわれの受けた最大値ということでございます。

TBS:分かりました。ありがとうございます。

司会:それでは質問のある方は挙手をお願いいたします。

【書き起こし】ゆうちょ銀行の不正出金問題 池田社長が会見 全文2に続く

THE PAGE

関連ニュース

最終更新:9/25(金) 11:19

THE PAGE

投資信託ランキング