IDでもっと便利に新規取得

ログイン

23日の主な要人発言(時間は日本時間)

9/24 5:10 配信

トレーダーズ・ウェブ

23日12:53 黒田日銀総裁
「首相に内外の経済金融情勢を説明」
「政府と日銀がしっかり連携することで一致」
「2%物価安定目標を目指す考えに変わりない」
「共同声明に沿って政策運用する考えに変わりない」
「為替について特に話したことはない」
「為替は、ファンダメンタルズを反映し、安定的に推移することが望ましい」
「必要であれば躊躇なく追加的な金融緩和措置を講じる」
「極めて緩和的な金融環境を維持する必要」
「感染症の経済・金融への影響に大きな不確実性がある」
「引き続き資金繰り支援と金融市場の安定維持に努める」
「輸出は持ち直しも、感染症の影響や米中対立・保護主義などリスクあり、今後の展開はよくみていく必要」
「政府と日銀が十分意思疎通し、しっかり連携して政策運営していくことで一致」
「新型コロナ対応の資金繰り支援策、感染症の影響を踏まえて必要なら期限延長もありえる」

23日15:10 ラーブ英外相
「2回目のロックダウンを排除しない」
「我々は適切な対策を講じており、皆がその対策に従えばロックダウンなしにクリスマスを迎えられる」
「状況の見直しを行い、リアルタイムで制限を変更していく」

23日18:22 バルニエ欧州連合(EU)離脱首席交渉官
「離脱協定案は合意したまま」

23日20:51 ストルテンベルグNATO事務総長
「ギリシャとトルコの協議は良い進展があった」

23日21:25 クラリダ米連邦準備理事会(FRB)副議長
「実質のインフレ率が2%を超えるまで利上げを考えるつもりはない」
「インフレ2%以下の期間をオフセットするためには、2%以上である程度の期間を費やす必要」
「米経済の回復には追加の財政支援が必要となる可能性」

23日22:57 メスター米クリーブランド連銀総裁
「米経済の回復には大規模な金融緩和策と財政支援が必要」

23日23:58 パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長
「考えられる措置は基本的に全て実施した」

24日00:29 エバンズ米シカゴ連銀総裁
「当面の間インフレが2%を超えることが非常に重要」
「財政支援の欠如は失業率がそれほど低下しないことを意味する」

24日01:57 ローゼングレン米ボストン連銀総裁
「4年以内にインフレ2%を達成できれば運が良い」

24日03:59 クオールズ米連邦準備理事会(FRB)副議長
「回復は進んでいるが、リスクは依然として下向き」
「FRBはフォワードガイダンスを通じて回復ペースを速めることを望む」
「雇用の伸びは鈍化し、事業支出の見通しは不確実」
「将来のインフレ指標は急速な加速を示していない」

※時間は日本時間

トレーダーズ・ウェブ

関連ニュース

最終更新:9/24(木) 5:10

トレーダーズ・ウェブ

投資信託ランキング