IDでもっと便利に新規取得

ログイン

【ゲーム株概況(9/24)】『DQタクト』の「Ⅲ」イベント開催への期待でAimingが買われる 通期大幅増益見通しを開示のハピネットが大幅反発

9/24 18:38 配信

Social Game Info

9月24日の東京株式市場では、日経平均は続落し、前日比258.67円安の2万3087.82円で取引を終えた。新型コロナウイルスの世界的な感染再拡大への懸念からリスク回避の動きが強まった。

そうした中でゲーム関連株の動きを見てみると、全体的に軟調な銘柄が目立つ中で、Aiming <3911> やギークス <7060> 、ユークス <4334> などが買われた。Aimingは、スクウェア・エニックスとの共同タイトル『ドラゴンクエストタクト』が9月25日より「ドラゴンクエストⅢ」イベントを開催することを発表しており、7~9月期の業績にその収益が寄与してくることへの期待が評価の底流にあるようだ。

また、ミクシィ <2121> も一時は年初来高値2740円まで買われるなどしっかり。

周辺株では、前日9月23日に未定としていた2021年3月期の通期業績予想を開示し、大幅な増益見通しであることを明らかにしたハピネット <7552> が商いを伴って大幅反発した。

半面、任天堂 <7974> やスクウェア・エニックスHD <9684> など大手ゲーム株が総じてさえず、オルトプラス <3672> やエイチーム <3662> 、モバイルファクトリー <3912> などの下げもきつい。

バンク・オブ・イノベーション <4393> は大幅反落し、終値ベースで8月17日以来となる3500円割れまで売られた。

Social Game Info

関連ニュース

最終更新:9/24(木) 18:38

Social Game Info

投資信託ランキング