IDでもっと便利に新規取得

ログイン

ファーウェイ、通信機器の在庫十分と主張-スマホ向け半導体探し継続

9/23 16:10 配信

Bloomberg

(ブルームバーグ): 米中対立の渦中にある中国の華為技術(ファーウェイ)は23日、トランプ政権の禁止措置によって妨げられたスマートフォン向け半導体の供給元を探す一方で、通信機器事業の在庫は「十分」だと主張した。

ファーウェイの郭平輪番会長は上海で記者団に対し、法人と通信事業の存続に向けた供給は十分だと説明。スマートフォン事業への打撃を和らげるため、新たな消費者向けデバイスを開発していることを明らかにした。

郭氏は米サプライヤーの事業を大きく制限しているトランプ政権のブラックリストによる影響を引き続き検証しているとし、こうした企業からの調達の用意がまだあるとも述べた。

米国、ファーウェイへの禁輸措置強化-半導体へのアクセス遮断へ

米国の技術をファーウェイに提供する企業に対する禁止措置が先週発効。携帯電話や第5世代(5G)移動通信基地局を動かす際に鍵となる国外製の半導体やソフトウエアなどが断たれた。クアルコムなどサプライヤーはファーウェイ向けの出荷継続に向けた許可を申請しているが、米商務省がこれを認めるかどうかは不明。

郭氏は「米国の禁止措置は業務・生産面で甚大な問題をもたらした」と説明。米選挙後に状況が改善するとの期待を同社が抱いていることも示唆し、「生き残りが鍵だ」と述べた。

原題:Huawei Has Sufficient Inventory of Communications Equipment(抜粋)

(c)2020 Bloomberg L.P.

Bloomberg

関連ニュース

最終更新:9/23(水) 16:10

Bloomberg

投資信託ランキング