IDでもっと便利に新規取得

ログイン

個別銘柄戦略:ソニーやオリンパスに注目

9/23 9:02 配信

フィスコ

現在値
任天堂57,220-1,020
東エレク29,315+260
JR東日本5,887-282
JR東海13,900-495
三菱UFJ417.6-3.70

 22日の米国市場では、NYダウが140.48ドル高の27288.18、ナスダック総合指数が184.84pt高の10963.64、シカゴ日経225先物が大阪日中比335円安の22885。4連休明け23日早朝の為替は1ドル=104円90-00銭(先週末大引け時は104.78円付近)。本日の東京市場では、円相場の軟化を好感して任天堂<7974>、東エレク<8035>などに買いが予想される。4連休の行楽客などの増加が報じられたことでJR東日本<9020>、JR東海<9022>にも買いが向かおう。反面、欧米の金融株安に引きずられる形で三菱UFJ<8306>、野村<8604>など大手金融株に売りが予想され、ソフトバンクG<9984>、ソニー<6758>もさえない動きを強いられよう。一方、強気の投資判断継続や目標株価の引き上げが観測されたCKD<6407>、ソニー<6758>、オリンパス<7733>、イーレックス<9517>などに注目。《US》

フィスコ

関連ニュース

最終更新:9/23(水) 9:05

フィスコ

投資信託ランキング