IDでもっと便利に新規取得

ログイン

JASDAQ平均は小幅続伸、アウトドア関連が上昇/JASDAQ市況

9/23 17:04 配信

フィスコ

現在値
ワークマン9,320+40
出前館3,035-15
セリア4,030-200
セキチュー1,640-20
エンチョー1,280-155

JASDAQ平均は小幅続伸、アウトドア関連が上昇

JASDAQ平均:3609.86 (+13.28)
出来高:1億5973万株
売買代金:752億円
J-Stock Index:3607.88 (+24.35)

 本日のJASDAQ市場は、JASDAQ平均、JASDAQ-TOP20、J-Stock Indexはそろって小幅続伸した。値上がり銘柄数は297(スタンダード276、グロース21)、値下り銘柄数は294(スタンダード281、グロース13)、変わらずは68(スタンダード66、グロース2)。 本日のJASDAQ市場は、アウトドア用品の需要の高まりから時価総額上位のワークマン<7564>が上昇し寄り付きしたことが相場を押し上げ、JASDAQ平均は続伸してスタートした。寄り付き後は、巣籠り関連で時価総額上位の出前館<2484>やセリア<2782>などが上げ幅を拡大したことがJASDAQ平均を押し上げ徐々に上げ幅を拡大し、本日の高値付近で取引を終了した。なお、キャンプ需要の高まりからホームセンター関連の銘柄が上昇率上位に顔を出している。しかし、海外で新型コロナワクチン開発進展の報道でワクチン関連の銘柄が値下がり上位にランクインした。 個別では、アウトドア用品の需要増加でセキチュー<9976>が10%を超える上昇となり、エンチョー<8208>も10%を超える上昇となっている。また、ドコモ口座や銀行口座からの不正引き出しによるセキュリティ需要の高まりからアズジェント<4288>が9%を超える上昇となった。そのほか、ブロードバンドタワー<3776>、プラコー<6347>、No.1<3562>が高い。 一方、アビガンの承認申請で医療用ガラスの需要低下の思惑から不二硝子<5212>が5%を超える下げとなり、海外ワクチンの開発進展報道でテラ<2191>も3%を超える下げとなった。また、17日に21年1月期上期決算で上方修正を発表したピープル<7865>は出尽くし感から3%を超える続落となった。そのほか、アズ企画設計<3490>、文教堂HD<9978>、メイコー<6787>が安い。 JASDAQ-TOP20では、クルーズ<2138>、ユビAI<3858>、ワークマンが上昇した。

フィスコ

関連ニュース

最終更新:9/23(水) 17:31

フィスコ

投資信託ランキング