IDでもっと便利に新規取得

ログイン

初調査、関東私鉄「乗換がない駅」客数ベスト10

9/22 5:01 配信

東洋経済オンライン

 大手私鉄などの鉄道会社がホームページで公開している駅の乗降客数データの数字をもとに、乗り降りする人数が多い駅をランキングした記事をよく目にする。だが、上位に入る駅は新宿、渋谷、池袋といったターミナル駅ばかり。「小田急の乗降客数1位は新宿だ」と書かれたところで正直驚きはない。

 そこで、関東の大手私鉄9社の「乗換駅を除外した」乗降客の多い駅ベスト10を調査してみた。乗換駅を除外しているということは、その駅が目的となっているということだ。そこからどんなものが見えてくるのかを探ってみた。

■小田急の1位は本厚木

 まずは小田急から。1位は本厚木で、その周辺の愛甲石田、伊勢原もベスト10に入っている。2位は成城学園前、3位経堂、5位向ヶ丘遊園。この結果を見ると、小田急のダイヤ改正の意図が見えてくる。

■小田急
順位 駅名  乗降客数
1 本厚木 15万1791人
2 成城学園前 8万8692人
3 経堂 8万2540人
4 鶴川 6万8992人

5 向ヶ丘遊園 6万7384人
6 千歳船橋 6万0683人
7 小田急相模原 5万7496人
8 愛甲石田 5万4602人
9 伊勢原 5万1705人
10 祖師谷大蔵 5万1085人
※データは2019年
 2004年以前、日中運転されていた電車は特急ロマンスカー、急行、各停が中心だった。ロマンスカーは特急料金がかかるため、成城学園前、向ヶ丘遊園、本厚木、愛甲石田、伊勢原へ向かう多くの利用者は急行を利用していた。

 その後、梅ヶ丘―和泉多摩川間の複々線化が完了し、電車の運行本数が増やせる状況になると、急行に利用者が集中することを避けるためか、成城学園前、向ヶ丘遊園を通過する快速急行を設定した。さらに急行の一部を経堂に停車させることになった。以降、快速急行の運行本数は右肩上がりで増え、経堂に停車する急行も増加。複々線化工事が完了した現在、新宿駅発の平日日中の運転本数は快速急行6本、急行6本となり、本厚木、愛甲石田、伊勢原へ向かう人は快速急行を利用、成城学園前、向ヶ丘遊園へ向かう人は急行を利用と、分散化を図るダイヤを組めるようになった。

 また急行の経堂停車も2004年に平日の日中と土休日の全列車から、現在は平日の18~21時に運転される下り以外はすべて停車するようになり、乗換駅以外の乗降客数3位の経堂は「急行停車駅」と呼んでも差し支えない駅となった。

 京王も、小田急と同様にダイヤ改正の意図が見えてくるランキングだ。2015年のダイヤ改正で準特急が千歳烏山に停車、区間急行が仙川に停車するようになったのもうなずけるランキングだ。ベスト10の駅のうち5つが、明大前―調布間の特急通過駅。特急はこの間ノンストップなのに対し、快速は下高井戸、桜上水、八幡山、千歳烏山、仙川、つつじヶ丘と6駅も停車する。車内に掲示されている停車駅図を見ると「停まりすぎでは」と感じるが、この利用者数なら納得だろう。

■京王
順位 駅名  乗降客数
1 府中 8万8769人
2 千歳烏山 8万3257人
3 仙川 8万2714人
4 聖蹟桜ヶ丘 6万5246人
5 初台 6万5172人
6 つつじヶ丘 4万5169人
7 高井戸 4万4197人
8 八幡山 4万3346人
9 久我山 4万0879人

10 国領 3万8713人
※データは2019年
 東急は利用者が多すぎて大変な様子がうかがえる。ベスト10のうち7つが田園都市線で、そのうち4つが渋谷―二子玉川間にある旧新玉川線区間。ダイヤに余裕があれば、小田急のように池尻大橋、駒沢大学、桜新町、用賀を通過する列車(急行)を増発して利用客の分散化を図るはずだが、2007年以降、利用者が急行に集中するのを避けるため、平日朝のピーク時に急行は運転されていない。

■東急
順位 駅名  乗降客数
1 青葉台 11万0999人
2 綱島 10万3630人
3 たまプラーザ 8万3136人
4 駒沢大学 8万0468人
5 学芸大学 7万7850人
6 桜新町 7万3228人
7 用賀 6万7550人
8 池尻大橋 6万3364人

9 鷺沼 6万3155人
10 大倉山 5万5464人
※データは2019年
 東横線では綱島、学芸大学が上位に。東横線の急行停車駅で他線との乗り換えのない駅はこの2駅だけ。東横線の急行は停車駅が多すぎと言われることもあるが、乗降客数や乗換の便を考えると仕方がないのだろう。

■東武の1位は志木

 東武、西武は急行が停車しない駅が多数ランクイン。東武は6駅、西武は4駅が急行通過駅。西武池袋線の大泉学園は、近くにある急行停車駅の石神井公園やひばりヶ丘よりも多かった。これだけ利用者が多いにもかかわらず急行が停車しないのは、停車させたら「6位の保谷にも停車を」という流れになり、急行の速達性が失われるからではないだろうか。

■東武
順位 駅名  乗降客数
1 志木 10万4698人
2 草加 8万8682人
3 竹ノ塚 7万2689人
4 朝霞 6万9779人
5 ふじみ野 6万6843人

6 東武練馬 6万0574人
7 独協大学前<草加松原>5万9443人
8 せんげん台 5万7414人
9 上福岡 5万6428人
10 北越谷 5万3007人
※データは2019年
 東武では、公団住宅の最寄駅の竹ノ塚、せんげん台、そして以前公団住宅のあった独協大学前<草加松原>が10位以内に。団地の老朽化や取り壊しなどで、昭和40年代とは利用者の顔ぶれは大きく変わっているのだろうが、人が集まる場所として認知され、うまく利用者の世代交代が進んだのだろう。

■西武
順位 駅名  乗降客数
1 大泉学園 8万7359人
2 石神井公園 8万2902人
3 田無 7万5418人
4 ひばりヶ丘 7万4392人
5 清瀬 6万9578人
6 保谷 6万3372人
7 花小金井 5万9220人
8 東久留米 5万4968人
9 新所沢 5万4822人

10 小手指 4万8781人
※データは2019年

 並行する路線との乗換駅の基準が難しい京急と京成の順位はどうだろうか。

■京急
順位 駅名  乗降客数
1 金沢文庫 7万0673人
2 横須賀中央 6万7300人
3 平和島 4万8608人
4 青物横丁 4万3633人
5 追浜 4万2727人
6 雑色 3万1941人

7 能見台 3万0831人
8 大鳥居 3万0345人
9 弘明寺 3万0115人
10 生麦 2万9882人
※データは2018年
 京急は、4万人台の乗降がある平和島、青物横丁、追浜は朝と夜に運転される特急の停車駅ではあるものの、快特は通過する。平和島と青物横丁はエアポート急行が停車するので、日中でも品川方面へのアクセスは便利だが、追浜は日中、普通列車しか停車しない。これだけの利用者があるのに朝と夜にしか優等列車を停車させないのは、学生などの昼間に利用する人が少なく、朝と夜に駅を利用する労働者が多いということなのか。

■京成
順位 駅名 乗降客数
1 八千代台 4万5975人
2 京成立石 3万9010人
3 京成大久保 3万5157人
4 お花茶屋 3万4319人
5 実籾 2万4299人
6 堀切菖蒲園 2万2589人
7 京成臼井 1万9787人
8 京成小岩 1万8803人
9 千葉中央 1万8321人

10 京成佐倉 1万8305人
※データは2019年
 京成では他の大手私鉄と比べると利用者は少なめ。東京都葛飾区の駅が3駅ランクインしていることから、下町の足として活躍していることがうかがえる結果となった。

■東京メトロの1位は東陽町

 東京メトロは半数以上の駅が乗換駅のため、東西線の東側区間が4駅入る結果に。今年から虎ノ門ヒルズとの乗換駅となった虎ノ門、そして神谷町は短い編成の銀座線、日比谷線の駅にもかかわらず10万人以上の人が利用している。地図を見ると、神谷町と虎ノ門は歩いて行けるほど近く、さらにそれぞれの駅の近くでは森ビルが大規模な都市再開発事業を手掛けているので、この2駅の利用者は今後も増えていくだろう。

■東京メトロ
順位 駅名 乗降客数
1 東陽町 12万2629人
2 虎ノ門 11万0008人
3 葛西 10万7152人
4 神谷町 10万6952人
5 西葛西 10万5321人
6 赤坂 9万6839人
7 半蔵門 9万1881人

8 西新宿 9万1457人
9 六本木一丁目 8万8958人
10 浦安 8万2712人
※データは2019年
 最後は相鉄。全部で25駅。乗換駅を除くと20駅しかないが、順位付けをしてみると京成よりもベスト10の乗降客が多いことがわかった。路線の総延長から考えると大手私鉄と呼ぶには距離が短いように感じる相鉄だが、利用者の数をみると大手私鉄にふさわしい結果となった。

■相鉄
順位 駅名  乗降客数
1 三ッ境 5万8418人
2 鶴ヶ峰 5万7578人
3 瀬谷 4万4738人
4 さがみ野 3万7847人
5 希望ヶ丘 3万5041人
6 星川 2万8829人
7 天王町 2万7303人
8 上星川 2万6052人
9 緑園都市 2万5786人
10 西谷 2万3296人

※データは2018年
 少子高齢化や東京への一極集中が今後どのように進んでいくのかはわからないが、乗換駅以外の乗降客数をチェックしていけば、今後急行が停車しそうとか、新しい商業施設ができるとしたらこの駅あたりかも、ということが見えてくる。自宅を購入する際や、都内で生活を始めようという方は、最新の駅の乗降客数や、過去と現在の利用者の伸び率、減少率をチェックしてみるといいだろう。

東洋経済オンライン

関連ニュース

最終更新:9/22(火) 5:01

東洋経済オンライン

投資信託ランキング