IDでもっと便利に新規取得

ログイン

ラサ商事(3023)、QUOカードの株主優待を廃止!2020年3月末実施分で株主優待品の贈呈は中止され、株主1人にあたり合計110円の寄付のみ継続することに

9/22 22:05 配信

ダイヤモンド・ザイ

 ラサ商事株式会社が、「QUOカード」の株主優待を廃止することを、2020年9月18日の16時30分に発表した。

 ラサ商事の株主優待は、毎年3月末時点の株主を対象に実施されており、従来の内容は「100株以上の株主に『QUOカード』500円分を贈呈。100株以上を1年以上保有する株主には『QUOカード』1000円分を贈呈。また、株主1名につき50円を環境基金、60円を社会貢献活動団体に会社がそれぞれ寄付(※株主の負担はなし)」というものだった。

 しかし、「QUOカード」の株主優待は2020年3月末の実施を最後に廃止される。今後は、会社による寄付のみ継続されるとのことだ。

 ラサ商事が「QUOカード」の株主優待を廃止する理由は「この度、株主の皆様に対する公平な利益還元、新型コロナウィルス感染拡大による経営環境への影響などを踏まえ、株主優待制度について慎重に検討を重ねました結果、株主優待制度のうちQUOカードの贈呈を廃止させていただくことといたしました」とのことだ。

 なお、ラサ商事は、株主優待の廃止と同時に、これまで「未定」としてきた2021年3月期(通期)の連結業績予想と配当予想を発表。配当予想は中間・期末ともに19円で年間の合計は38円と前期と同額で、配当利回りは3.84%と高い水準が維持される。

●ラサ商事が廃止する株主優待制度の詳細と利回りは? 
 ◆廃止されるラサ商事の株主優待制度の詳細

  基準日
  保有株式数
  保有期間
  株主優待内容
  3月末
100株以上
1年未満
QUOカード500円分
1年以上
QUOカード1000円分

 ラサ商事の2020年9月18日時点の株価(終値)は988円なので、株主優待が廃止されていなければ、利回りは以下のようになっていた。

(100株・1年未満保有の場合)
投資金額:100株×988円=9万8800円
株主優待品:QUOカード500円分
株主優待利回り=500円÷9万8800円×100=0.50%

(100株・1年以上保有の場合)
投資金額:100株×988円=9万8800円
株主優待品:QUOカード1000円分
株主優待利回り=1000円÷9万8800円×100=1.01%

 ラサ商事の株主優待は、個人投資家に人気の「QUOカード」だったが、実施済みの2020年3月分を最後に廃止されることになった。株主優待の制度自体は存続されるものの、優待品がもらえるわけではなく、会社が株主1人あたり合計110円の寄付を続けるというだけなので、株主優待は事実上“廃止”となる。ラサ商事は同時に配当予想を発表しているが、配当については前期並みを維持する予想で、配当利回りは3.84%と高水準だ。ただし、同時に発表した2021年3月期(通期)の連結業績予想が低調だったせいもあってか、SBI証券の夜間取引(PTS取引)では一時、発表当日(2020年9月18日)の終値988円より110円も安い878円(-11.13%)を記録しており、4連休明けの株価の動向には注意したほうがよさそうだ。

 ラサ商事は資源や金属素材、産機・建機などを手掛ける専門商社。9月18日に公開された2021年3月期(通期)の連結業績予想は、売上高が255億円(前期実績は292億6400万円)、営業利益が16億5000万円(前期実績は19億7400万円)、経常利益が18億3000万円(前期実績は22億3400万円)、当期純利益が13億円(前期実績は16億9800万円)。新型コロナウイルスの感染拡大で需要が落ち込み、減収減益に。

 ■ラサ商事

 業種
 コード
 市場
 権利確定月
 卸売業
 3023
 東証1部
 3月末
株価(終値)
 必要株数
 最低投資金額
 配当利回り
 988円
 100株
 9万8800円
 3.84%
 【ラサ商事の最新の株価チャート・株主優待の詳細はこちら! 】

 ※株価などのデータは2020年9月18日時点。最新のデータは上のボタンをクリックして確認してください。
※「必要株数」は株主優待の獲得に必要な株数、「最低投資金額」は株主優待の獲得に最低限必要な資金を指します。

ダイヤモンド・ザイ

関連ニュース

最終更新:9/22(火) 22:05

ダイヤモンド・ザイ

投資信託ランキング