IDでもっと便利に新規取得

ログイン

〔米株式〕NYダウ、もみ合い=ナスダックは反発(22日午前)

9/22 23:34 配信

時事通信

 【ニューヨーク時事】22日午前のニューヨーク株式相場は、買い戻し先行で始まった後、もみ合いに転じている。優良株で構成するダウ工業株30種平均は午前10時11分現在、前日終値比3.75ドル高の2万7151.45ドル。ハイテク株中心のナスダック総合指数は57.03ポイント高の1万0835.83。
 前日のダウ平均は509ドル安で終了。欧州の新型コロナウイルス感染再拡大に伴う規制強化への警戒感から一時940ドル超下落した。この日は反動からマイクロソフト、アップル、アマゾン・ドット・コムなどハイテク銘柄を中心に買い戻しが先行。ダウは一時140ドル近く上げたが、利益確定の売りなどに押し返され、もみ合い商状となっている。米大統領選をめぐる不透明感や米中対立懸念なども相場の重し。
 一方、米不動産業者協会(NAR)が発表した8月の米中古住宅販売件数は、年換算で前月比2.4%増の600万戸と、市場予想と一致。2006年12月以来13年8カ月ぶりの600万戸台となったが、相場への影響は限定的だった。
 個別銘柄では、ユナイテッドヘルス・グループ、ゴールドマン・サックスともに約1%下落。一方、アマゾンは2.2%高で推移している。アップルは2.2%高、マイクロソフトは0.4%高。(了)

時事通信

関連ニュース

最終更新:9/23(水) 2:27

時事通信

投資信託ランキング