IDでもっと便利に新規取得

ログイン

JR東日本が急落、21年3月期は営業赤字5000億円見通しに大幅減配も

9/17 9:28 配信

モーニングスター

現在値
JR東日本6,850+112

 JR東日本 <9020> が急落し、一時195円安の6705円を付けた。16日引け後に未定としていた21年3月期の連結業績予想を発表、大幅な赤字見通しとなった。同じく未定としていた配当予想についても大幅減配を決定し、嫌気された。

 21年3月期は、売上高で1兆9300億円(前期比34.5%減)、営業損益で5000億円の赤字(前期は3808億4100万円の黒字)を見込む。同損益では、市場コンセンサスの2550億円強の赤字を大きく下回る。新型コロナウイルス感染拡大により、鉄道利用者の落ち込みが響く。配当については、年間で100円(前期は165円)を予定している。

提供:モーニングスター社

モーニングスター

関連ニュース

最終更新:9/17(木) 9:28

モーニングスター

投資信託ランキング