IDでもっと便利に新規取得

ログイン

雪国まいたけ、再上場=5年ぶり、東証1部

9/17 11:00 配信

時事通信

 キノコ生産大手の雪国まいたけ(新潟県南魚沼市)が17日、東証1部に株式を上場した。同社は2015年6月に米投資ファンドのベインキャピタル傘下に入り上場廃止となっており、約5年ぶりの再上場。初値は1株2100円、終値は2090円と、いずれも売り出し価格の2200円を下回った。
 雪国まいたけは00年、東証2部に上場。しかし、不適切な会計処理の発覚をきっかけに経営が混乱し、ベインによるTOB(株式公開買い付け)を受けて非上場化し経営再建を進めてきた。再上場に伴い、コメ卸大手の神明ホールディングスが雪国まいたけ株式を追加取得。所有割合を50.1%に高め、子会社化した。 

時事通信

最終更新:9/17(木) 17:06

時事通信

投資信託ランキング