IDでもっと便利に新規取得

ログイン

中国経営支配に難色=TikTok提携で―トランプ氏

9/17 11:00 配信

時事通信

 【ワシントン時事】トランプ米大統領は16日、短編動画投稿アプリ「TikTok(ティックトック)」の米国事業をめぐる提携交渉で、運営会社の中国・字節跳動(バイトダンス)が経営支配権を維持することに難色を示した。米政権は同社に、国家安全保障の観点から米投資家による過半数株式の取得を要求しているもようで、期限の20日を控えて米中双方の駆け引きが活発化している。
 トランプ氏は記者会見で、バイトダンスが米ソフトウエア大手オラクルと進めている提携交渉に関し、中国側が支配権を持つことは「好ましくない」と明言した。両社の提携案を審査している米政府機関から17日午前に報告を受けるという。 

時事通信

最終更新:9/17(木) 11:00

時事通信

投資信託ランキング