IDでもっと便利に新規取得

ログイン

日経平均は3日ぶり反落、米株急落で売り先行、SBGやエムスリー軟調/相場概況

9/4 16:02 配信

フィスコ

現在値
ソフトBG6,911+23
エムスリー6,970+270
東エレク28,490+75
アサヒGH3,464-15
任天堂57,030+1,940

 日経平均は3日ぶり反落。3日の米国市場でNYダウは3日ぶりに大幅反落し、807ドル安となった。下げ幅は一時1000ドルを超えた。これまで相場をけん引してきた主要ハイテク株を中心に、高値警戒感から売りが広がった。前日に終値ベースでコロナショック前水準(2月21日の23386.74円)を回復していた日経平均も、本日は米国市場の流れを引き継いで利益確定売りが先行し、335円安からスタート。朝方に一時23098.77(前日比366.76円安)まで下落すると、その後も散発的に売りが出て軟調もみ合いとなった。

 大引けの日経平均は前日比260.10円安の23205.43円となった。東証1部の売買高は10億7480万株、売買代金は1兆8713億円だった。業種別では、精密機器、情報・通信業、医薬品が下落率上位だった。一方、鉄鋼、空運業、銀行業が上昇率上位だった。東証1部の値下がり銘柄は全体の67%、対して値上がり銘柄は28%となった。

 個別では、米ハイテク株安の流れからソフトバンクG<9984>やエムスリー<2413>が3%超、東エレク<8035>が2%超の下落。アサヒ<2502>は4%超下落したが、公募増資等の価格決定期間入りを前に売りが出たようだ。その他では任天堂<7974>やソニー<6758>が軟調で、ファーストリテ<9983>は小安い。また、GMOPG<3769>は一部証券会社の投資判断引き下げを受けて売りがかさみ、エレマテック<2715>などとともに東証1部下落率上位に顔を出した。

 一方、米ゼネラル・モーターズとの提携を発表したホンダ<7267>が2%超の上昇。トヨタ自<7203>など他の自動車株や三菱UFJ<8306>、三井住友<8316>といったメガバンク株もしっかり。業績上方修正を発表したラクーンHD<3031>はストップ高。また、前日に続き菅義偉官房長官の発言を受けた地銀株物色が活発で、栃木銀行<8550>、筑波銀行<8338>などが東証1部上昇率上位を占めた。《HK》
(マーケット概況)

フィスコ

最終更新:9/4(金) 16:06

フィスコ

投資信託ランキング