IDでもっと便利に新規取得

ログイン

「スマホゲーム」が20位にランク、「巣ごもり消費」と好決算で息の長い注目テーマに<注目テーマ>

8/14 12:29 配信

みんなの株式

★人気テーマ・ベスト10
1 デジタルトランスフォーメーション
2 2020年のIPO
3 巣ごもり
4 5G
5 コロナウイルス
6 eコマース
7 半導体
8 サイバーセキュリティ
9 ゲーム関連
10 CMOSセンサー

 みんなの株式と株探が集計する「人気テーマランキング」で、「スマホゲーム」が20位にランクしており、息の長い人気テーマとなっている。

 決算発表シーズンはピークを越えたが、「巣ごもり消費」に関連した企業の業績堅調が目立つ。スマートフォン(スマホ)向けゲームもその一つで、8月5日に発表したディー・エヌ・エー <2432> の第1四半期(4~6月)連結決算で営業利益は前年同期比5.4倍の125億7000万円となった。また、同じく5日に発表したコロプラ <3668> の第3四半期累計(19年10月~20年6月)営業利益は同18.9倍の92億9400万円に拡大。7日に発表したミクシィ <2121> の第1四半期(4~6月)連結営業利益は同4.7倍の74億7800万円に膨らんだ。

 ディーエヌエは中国などでスマホゲーム「スラムダンク」が好調だったほか、コロプラでは開発を担当した「ドラゴンクエストウォーク」やアニメ「鬼滅の刃」とのコラボイベントを開催した「白猫プロジェクト」が業績を牽引。ミクシィも劇場版とのメディアミックス連携などが功を奏した「モンスターストライク」が売り上げを順調に伸ばした。

 こうしたスマホゲーム関連銘柄に好決算が相次いだことに加え、前日発表した20年6月期決算で営業赤字幅が縮小したボルテージ <3639> が急伸していることが、テーマへの注目を高めることにつながっているようだ。この日の関連銘柄では、ボルテージのほかグリー <3632> 、エムアップホールディングス <3661> 、enish <3667> 、イグニス <3689> なども高い。

出所:MINKABU PRESS

みんなの株式(minkabu PRESS)

みんなの株式

関連ニュース

最終更新:8/14(金) 12:29

みんなの株式

投資信託ランキング