IDでもっと便利に新規取得

ログイン

米7月小売売上高、3カ月連続プラスも予想下回る伸び、ドル軟調

8/14 22:46 配信

フィスコ

米商務省が発表した7月小売売上高は前月比+1.2%となった。伸びは3カ月連続のプラスとなったが予想+2.1%を下回った。6月分は+8.4%と、+7.5%から上方修正された。一方で、変動の激しい自動車を除いた7月小売売上高は前月比+1.9%。伸びは3カ月連続で予想+1.3%も上回った。国内総生産(GDP)の算出に用いられる自動車・建材・給油・食品を除いたコアの小売りは+1.4%と、6月の+6.0%から伸びが鈍化したものの予想を上回った。

同時刻に発表された4-6月期非農業部門労働生産性速報値は前期比年率+7.3%と、1-3月期-0.3%からプラスに改善、予想+1.5%も上回り2009年4-6月期以来で最大を記録した。米4-6月期単位労働コスト速報値は前期比年率+12.2%と、1-3月期+9.8%から鈍化予想に反して伸びは拡大。予想+6.9%も上回り2014年1-3月期以来で最大。

その後、米連邦準備制度理事会(FRB)が発表した7月鉱工業生産は前月比+3.0%。予想どおり1959年以降61年ぶり最大となった6月+5.7%から伸びが鈍化。7月設備稼働率は70.6%と6月68.5%から予想以上に上昇した。

予想を下回った小売売上高を受けて米国債相場は堅調。米10年債利回りは0.7%前後で推移した。ドル・円は106円70銭から106円51銭まで下落。ユーロ・ドルは1.1805ドルから1.1835ドルまで上昇した。
【経済指標】
・米・7月小売売上高:前月比+1.2%(予想:+2.1%、6月:+8.4%←+7.5%)
・米・7月小売売上高(自動車除く):前月比+1.9%(予想:+1.3%、6月:+8.3%→+7.3%)
・米・4-6月期非農業部門労働生産性速報値:前期比年率+7.3%(予想:+1.5%、1-3
月期:-0.3%←-0.9%)

・米・4-6月期単位労働コスト速報値:前期比年率+12.2%(予想:+6.9%、1-3月期:
+9.8%←+5.1%)
・米・7月鉱工業生産:前月比+3.0%(予想:+3.0%、6月:+5.7%←+5.4%)
・米・7月設備稼働率:70.6%(予想:70.3%、6月:68.5%←68.6%)

《KY》

フィスコ

最終更新:8/14(金) 22:46

フィスコ

投資信託ランキング