IDでもっと便利に新規取得

ログイン

前場コメント No.7   JACR、アステリア、ロート、フィックスタース、アトラエ、太陽HD

8/13 11:34 配信

トレーダーズ・ウェブ

現在値
JACリク1,295-2
アステリア841+48
ロート薬3,535-15
フィックス1,059+21
アトラエ2,876+29

★9:57  JACR-急騰 上期営業益1%減も会社計画上振れ 減損計上で最終益は74%減
 JAC Recruitment<2124>が急騰。同社は12日、20.12期上期(1-6月)の連結営業利益が33.4億円(前年同期比0.6%減)だったと発表した。会社計画29.8億円から上振れた。国内人材紹介事業において前期下期に実施した生産性向上のための諸施策が奏功した。

 同期純利益は6.3億円(前年同期比73.9%減)だった。15.8億円の減損損失を計上したことが響いた。なお、株価は営業利益の上振れ着地を好感した買いが優勢となっている。

★9:58  アステリア-急騰 1Q営業黒字転換 子会社のコスト改革などが寄与
 アステリア<3853>が急騰。同社は12日、21.3期1Q(4-6月)の連結営業損益(IFRS)は1億5800万円の黒字(前年同期は7200万円の赤字)だったと発表した。

 子会社であるThis Placeのコスト構造改革や新型コロナ拡大に対する販促費などの制御が寄与したほか、主力製品「アステリア ワープ」の販売も大幅に伸長した。

★10:05  ロート製薬-大和が投資判断引き上げ 想定を大きく上回る営業増益
 ロート製薬<4527>が3日続伸。大和証券では、1Qは想定を大きく上回る営業増益だったとし、投資判断を「3(中立)」→「2(アウトパフォーム)」、目標株価を3480円→4100円に引き上げた。

 1Q連結業績は売上高386.4億円(前年同期比7.8%減)、営業利益38.8億円(同0.4%増)と、大和想定(売上高380.0億円、営業利益23.5億円)を特に利益面で大きく上回った。販管費は前年同期比19.6億円減少、なかでもA&P費用(マーケティング費用)は同15.3億円減った。コンサルタントフィーが5月までで終了したことも数億円規模で貢献したと大和では推測している。

★10:13  フィックスターズ-急落 3Q営業益20%減 先行投資やスポット案件減少が影響
 フィックスターズ<3687>が急落。同社は12日、20.9期3Q(10-6月)の連結営業利益は7.9億円(前年同期比20.4%減)だったと発表した。

 高速化を手がけるソフトウェア・サービスの売上高は堅調だった一方、新規事業への先行投資や画像処理向けストレージ・サーバなどスポット案件の売り上げ減少が影響した。

★10:15  アトラエ-一時ストップ高 今期営業益を下方修正 3Q累計は12%減に改善
 アトラエ<6194>が一時ストップ高。同社は12日、20.9期通期の営業利益予想を従来の8.8億円から6.7億円(前期比5.7%減)に引き下げると発表した。
 
 主力サービスである「Green」を中心に30%超の収益成長を見込んでいたが、新型コロナの影響から求人企業の採用ニーズが減少傾向で推移したことから、前回予想を下回る見通し。

 20.9期3Q累計(10-6月)の営業利益は5.7億円(前年同期比12.3%減)だった。20.9期上期(10-3月)は同2.6億円(同44.0%減)だったことから、四半期ベースでは改善した。新規事業であるエンゲージメント解析ツール「wevox」およびビジネス版マッチングアプリ「yenta」の収益化に注力したことが寄与した。

 なお、株価は四半期ベースで業績が改善傾向にあることを好感した買いが優勢となっている。

★10:16  太陽HD-いちよしが「A」へ引き上げ ドライフィルム好調と医薬事業の利益貢献鮮明化を評価
 太陽ホールディングス<4626>が4日ぶりに大幅反発。いちよし経済研究所では、ドライフィルム好調と医薬事業の利益貢献鮮明化を評価。レーティングを「B」→「A」、フェアバリューを5500円→7000円と引き上げた。

 21.3期1Q実績は、売上高192.75億円(前年同期比25.0%増)、営業利益33.73億円(同91.9%増)といちよし予想(売上高180億円、営業利益20億円)を上回った。いちよしでは、(1)半導体パッケージ向けドライフィルム型ソルダーレジストの拡大により、電子機器用部材事業の収益性が改善していること、(2)医療・医薬事業の利益貢献が鮮明になっていること、の2点を評価している。

トレーダーズ・ウェブ

関連ニュース

最終更新:8/13(木) 11:34

トレーダーズ・ウェブ

投資信託ランキング