IDでもっと便利に新規取得

ログイン

【欧州市況】株上昇、米減税の可能性が支援材料-ドイツ債は下落

8/12 3:08 配信

Bloomberg

(ブルームバーグ): 欧州株は上昇。7月23日以来の高値をつけた。トランプ米大統領がキャピタルゲイン減税を検討していると述べたことに反応し、リスク資産に買いが入った。

ストックス欧州600指数は1.7%高。旅行や自動車銘柄が値上がりした。中国での自動車販売増加が好感された。

新型コロナウイルスの感染拡大防止策に伴う外出規制がプラスに寄与した企業の株価が値上がりした。オンライン衣料品販売の独ザランドは1.9%上昇して最高値を更新。同社の4-6月(第2四半期)決算は利益が前年同期から倍増した。

IG(ロンドン)のチーフ市場アナリスト、クリス・ビューチャンプ氏は、さらに減税が発表される可能性は「地合いを押し上げ、欧州市場と米先物市場にとって大幅な支援材料だった」と述べ、「決算シーズンもおおむね終了し、今の注目は米国の追加景気対策と地政学情勢に戻っている」と指摘した。

欧州債はドイツ債がベアスティープ化。ロシアが新型コロナウイルス感染症(COVID19)の最初のワクチンを承認したほか、7月の米生産者物価指数(PPI)がエコノミスト予想を上回る伸びを示したことで株が上昇し、ドイツ債への安全逃避買いが巻き戻された。

ドイツ10年債利回りは7月27日以来の高水準に上昇した。30年債利回りは6月以来の大幅上昇。

イタリア債は小幅安。10年債利回り、同年限のドイツ債とのイールドスプレッドはいずれも2月以来の低水準となった。

英国債は10年債を中心に下落。同様に安全資産としての買いが巻き戻された。10年債利回りは7ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)上昇の0.20%と、4月7日以来の大幅上昇となった。同利回りは1週間前には過去最低の0.063%をつけていた。

ドイツ10年債利回りは5bp上げてマイナス0.47%。フランス10年債利回りは4bp上げてマイナス0.20%。イタリア債は3bp上昇して0.95%。

原題:Haven Unwinding Drives Bund Bear-Steepening; End-of-Day Curves(抜粋)

Europe Stocks Rise on U.S. Tax-Cut Bets as Lockdown Winners Gain(抜粋)

(c)2020 Bloomberg L.P.

Bloomberg

関連ニュース

最終更新:8/12(水) 3:08

Bloomberg

投資信託ランキング