IDでもっと便利に新規取得

ログイン

明豊ファシリティワークス---1Q減収なるも、各利益は期初予算を超えて推移

8/11 14:41 配信

フィスコ

現在値
明豊FW658-36

明豊ファシリティワークス<1717>は7日、2021年3月期第1四半期(20年4月-6月)決算を発表した。売上高が前年同期比18.0%減の8.36億円、営業利益が同33.1%減の1.16億円、経常利益が同33.2%減の1.18億円、四半期純利益が同33.2%減の0.81億円となった。売上高については、顧客からピュアCM(工事原価を含まないフィーのみの契約型)が全て選択され、アットリスクCM(工事原価を含む請負契約型)が無い結果になる等により売上高は減少し、営業利益、経常利益、四半期純利益については、過去最高を記録した前年度から減少したが、期初予算を超えて推移している。

オフィス事業の当第1四半期においては、多くの企業がコロナ禍におけるオフィス再編を模索する中、大企業におけるグループ企業の統廃合、多拠点の集約化、また、大規模な新築ビルの竣工時同時入居プロジェクトなど、難易度の高いオフィス事業に関するサービスを提供した。

CM事業は、地方公共団体における庁舎建設や学校におけるトイレ環境の一斉整備事業、国立大学における学舎整備事業の他、グローバル企業の国内拠点となる大型研究施設、生産工場、商業施設及び私立大学施設の再構築や、鉄道会社による日本有数の大規模施設及び、各拠点施設での電気・機械設備更新等の実績を重ね、新規顧客が増加している。

CREM事業は、工事コスト管理や保有資産のデータベース化による資産情報の一元管理、多拠点同時進行プロジェクトの一元管理、そして個々のプロジェクトの進捗状況を効率的に管理するシステム構築内製化の実績をもとに、複数の商業施設や支店等を保有する大企業、金融機関等から継続して依頼を受けている。また、公共分野でも継続的に同社が選定されており、今後、各地方自治体が保有する多くの施設を建築設備の専門的な目線を含めデジタル活用による一元管理手法が益々拡張するものと期待している。

2021年3月期通期については、売上高は前期比9.4%減の39.45億円、営業利益は同31.8%減の6.16億円、経常利益が同32.0%減の6.16億円、当期純利益が同35.1%減の4.15億円とする期初計画を据え置いている。


《EY》

フィスコ

最終更新:8/11(火) 14:41

フィスコ

投資信託ランキング