IDでもっと便利に新規取得

ログイン

NY株式:NYダウ357ドル高、景気循環株がけん引

8/11 7:00 配信

フィスコ

米国株式相場はまちまち。ダウ平均は357.96ドル高の27791.44ドル、ナスダックは42.63ポイント安の10968.36ポイントで取引を終了した。中国の良好な経済指標や米国の雇用関連指標が予想を上回ったため世界経済の回復期待が強まった。また、トランプ大統領が追加財政措置で大統領令に署名したことも好感された。中国政府が米上院議員など11人を対象に報復制裁を発表したが、トランプ政権の閣僚を除外した為、米中対立深刻化懸念も緩和した。循環株の上昇がけん引し引けにかけて上げ幅を拡大する展開となった。但しトランプ大統領による中国のアプリTikTokやWeChatを禁止する大統領令の影響でハイテク株は引き続き軟調。セクター別では、自動車・自動車部品が上昇した一方、ソフトウェア・サービスが下落した。

靴小売のフットロッカー(FL)は第2四半期の既存店売上が18%増となり上昇。配送大手のフェデックス(FDX)やUPS(UPS)はアナリストによる投資判断引き上げが好感され軒並み上昇した。大手航空会社のユナイテッド航空(UAL)、アメリカン航空(AAL)は運輸保安局(TSA)の統計で利用者が3月中旬以降で最高に達したことが好感されそれぞれ上昇。一方、画像処理装置・化学製品のイーストマン・コダック(KODK)は政府が同社との融資契約を巡り、同社経営陣が関与したとされるインサイダー取引や情報開示違反を巡る疑惑が晴れるまで契約を保留にすると発表し急落。

投稿サイトのツィッターは、すでに買収交渉を公表しているマイクロソフトに対抗しTikTokの買収に興味を持っていると報じられた。

Horiko Capital Management LLC

《FA》

フィスコ

関連ニュース

最終更新:8/11(火) 7:36

フィスコ

投資信託ランキング