IDでもっと便利に新規取得

ログイン

ユーグレナ、バイオ燃料の原料を抽出する工程で発生する残渣を配合したバイオマスプラスチックの開発に成功

8/11 7:32 配信

モーニングスター

現在値
ユーグレナ956+45

 ユーグレナ <2931> は6日、バイオポリ上越(新潟県上越市)と共同で、微細藻類ユーグレナ(和名:ミドリムシ)からバイオ燃料の原料となる脂質を抽出する工程で発生する残渣を配合したバイオマスプラスチックの開発に成功したと発表した。

 今回、パラミロン粒子を含有する複合体に関する特許技術を基に、汎用プラスチックの一種であるポリプロピレンとユーグレナ脂質抽出残渣を混錬し均一分散させたバイオマス含有度50%のユーグレナ・ポリプロピレン複合体を開発した。同研究で開発したユーグレナ・ポリプロピレン複合体の物性上の特長は、100%石油由来ポリプロピレンと比較し、曲げ試験における最大曲げ応力と曲げ弾性率の向上が見られ、強さと硬さが付与されたという。

 7日の終値は、前日比3円高の715円。

提供:モーニングスター社

モーニングスター

関連ニュース

最終更新:8/11(火) 7:32

モーニングスター

投資信託ランキング