IDでもっと便利に新規取得

ログイン

香港寄り付き:続落スタート、米中対立激化懸念で テンセントが安い

8/10 10:42 配信

トレーダーズ・ウェブ

 週明け10日の香港市場でハンセン指数は続落して始まった。米政権による中国製アプリや通信事業を排除する動きを受け、米中対立の激化懸念から売りが広がっている。

 指数は日本時間午前10時41分現在、前営業日比0.53%安の24400.87ポイントで推移している。個別では、テンセント(00700)が売られて相場の下げを主導。瑞声科技(02018)や舜宇光学科技(02382)の下落も目立つ。半面、銀河娯楽(00027)やチャイナ・モバイル(00941)が買われている。

トレーダーズ・ウェブ

関連ニュース

最終更新:8/10(月) 10:42

トレーダーズ・ウェブ

投資信託ランキング