IDでもっと便利に新規取得

ログイン

7月の米雇用統計、回復は鈍化もしくは悪化も-きょう発表

8/7 13:54 配信

Bloomberg

(ブルームバーグ): 全米で新型コロナウイルス感染が急増したのを受け、7月の雇用の伸びが鈍化、もしくは悪化したことがあらゆる兆候に表れている。

7日発表予定の7月の米雇用統計では、非農業部門雇用者数が予想中央値で前月比150万人増と見込まれており、予想レンジは60万人減から320万人増。5月と6月は計750万人増加し、新型コロナ感染がパンデミック(世界的大流行)と化して最初の2カ月間に記録した2200万人の雇用減少を穴埋めし始めたことが示されていた。

失業率は6月の11.1%から7月は10.5%に低下したと予測されているが、それでも危機前の3倍の水準となる。

南部や西部を中心に6月半ば以降、新型コロナ感染が増加し、景気回復の先行き不透明感が強まっている。多くの州は経済活動再開の停止や巻き戻しに動いた。ここ数週間に回復が大部分失速したことに疑問の余地はほとんどないが、7月の雇用者数に関するエコノミスト予想は、雇用の伝統的指標と非伝統的指標にどれだけウエートを置くかに左右されている。

ADPリサーチ・インスティテュートが5日発表した7月の米民間雇用者数は16万7000人増と、全ての予想に届かなかったが、5月と6月の速報値はいずれも、政府の公式統計をかなり下回った。

高頻度の指標

より高い頻度の労働市場指標を見ると、回復の鈍化から大幅な悪化まで幅広い兆候がある。

通常の州プログラムの下での新規失業保険申請件数は週間ベースで100万人を上回り続けているが、6日発表された直近の申請件数はパンデミックとなって以降で最少となり、労働市場の底堅さを示唆した。

一方、10万社余りが利用するスケジューリングツールのホームベースからの雇用指標はほぼ横ばい。セントルイス連銀のエコノミストはブログ投稿で同データに基づく当局の指標は「最近の雇用回復が停止したことを示唆している」と分析した。

パンデミック下での米国人の状況に関して毎週発表される国勢調査局の調査では、さらに悲観的な内容が示された。6月半ばと7月半ばの調査結果を比べると、過去7日間に雇用されていたと回答した人は約670万人減った。

7月の新たな雇用喪失の時期も鍵となる。例えば、全米最大の州であるカリフォルニア州は雇用統計の調査期間中に屋内営業を禁止した。ブルームバーグのエコノミスト、エレーナ・シュルヤティエバ氏は、雇用の悪化が7月の調査期間と同時期なら、影響は8月の統計まで見られないかもしれないと予想する。ブルームバーグ・エコノミクスは非農業部門雇用者数の予測を100万人減から50万人増に修正した。

原題:U.S. Jobs Report to Mark Slowdown, or Worse, in Labor Recovery(抜粋)

(c)2020 Bloomberg L.P.

Bloomberg

関連ニュース

最終更新:8/7(金) 13:54

Bloomberg

投資信託ランキング