IDでもっと便利に新規取得

ログイン

アジア株はまちまち 豪州株は下落、利益確定売りに押される ビクトリア州の新規感染者700人以上に

8/5 11:22 配信

みんかぶFX

アジア株はまちまち 豪州株は下落、利益確定売りに押される ビクトリア州の新規感染者700人以上に

東京時間11:07現在
香港ハンセン指数   24908.60(-38.03 -0.15%)
中国上海総合指数  3337.68(-33.77 -1.01%)
台湾加権指数     12759.47(+49.55 +0.39%)
韓国総合株価指数  2291.69(+11.72 +0.51%)
豪ASX200指数    5974.20(-63.36 -1.05%)

アジア株はまちまち。
上海株は下落。特に目立った材料は見当たらなく、約3週間ぶり高値圏にあることから、利益確定の売りが出ているもよう。
今月15日前後に米中ハイレベル協議が実施されることが明らかとなったとの報道が伝わったが、市場への影響は限定的。

豪州株は1.05%安、きのうの大幅上昇の反動から利益確定の売り優勢で始まった。銀行株が総じて下落。NAB銀行は2.1%安、ウエストパック銀行は2.0%安、ANZ銀行は1.6%安、コモンウェルス銀行は1.4%安。
ビクトリア州で5日、新型コロナウイルス新規感染者700人以上が確認されたと豪紙が報じている。同州は7月に6週間のロックダウンを導入したものの、感染拡大に歯止めがかかっていないため、9月13日までロックダウンを継続するほか、制限措置を一段と強化することを決定した。
アンドリュース州首相は、感染者の約3分の1が自宅隔離措置を守っていなかったことが明らかになったため、厳しい罰金を科すことが必要になったと語り、違反者には最大5000豪ドルの罰金を科すことを決定した。
豪紙オーストラリアンによると、今回の制限措置強化により、ビクトリア州経済は8月だけで8億3000万豪ドルの打撃を受ける見通しだとしている。

みんかぶFX

関連ニュース

最終更新:8/5(水) 11:22

みんかぶFX

投資信託ランキング